« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月31日 (日)

馬乗り金太


B0100229_15333634_2


昨日の結婚式から 今日の現実に戻る


いい結婚式だった

さすがに アイリスオーヤマ だった

  しかし一夜明ければ本当に現実の世界
     昨日の仕事がどっと押し寄せる


そんな中でひょっとこんな組木の写真を見る


もうすぐそこにこどもの日が来ている



こんな組木  いいんじゃない  ?    



挑戦してみよう!



昨日の大阪の桜 大変きれいだった


桜土手の桜は

20130331_082727002_


まだ1~2分咲き


しかし工房から帰りには暖かかったせいか5分咲きまで
   暗かったので写真に撮れなかったのが残念


明日は満開近くまでいくかも  

Cocolog_oekaki_2013_03_31_23_43




                        





2013年3月30日 (土)

甥の結婚式

今日は大阪  迎賓館



Images_5


Images_6

4




去年もここでの挙式に参加させていただいて ブログにも掲載させていただいた


そんな豪華な場所での挙式そんな挙式に花を添えた  桜



大阪万博公園の桜は満開




迎賓館のしだれ桜も


20130330_132036038_

一寸わかりにくいが200年ほどの古木か?


立派な花を咲かせている



式場でも


20130330_1647240012_


20130330_164542013_

創作生け花で どでかい桜を新郎新婦の席の横にどでかく !!


20130330_164521016_


名前を忘れたが有名な人らしい ??





20130330_165117002_

大庭園の 満開の桜をバックに


いいですね    若返りたいですね



そんな花嫁の大好きな物   マカロン


これは 私は知らなかった    初めて見た


そんなマカロンを頂くことができた   なんか「ハッピー」を感じた


Images_7


Images_8


5


多くの方は「もみじまんじゅう」の方がいいとか

私は結構これは食える     ちょっと甘いが・・・・




きょうの大阪の桜は満開















2013年3月29日 (金)

増改築 ご報告

20130328_155741055_

20130328_155746053_


20130328_155555064_


20130328_155658060_

福山市本郷町の現場


工房協力ならではの改装工事



梁は既存の合掌に いろは 濃茶仕上げ

ステンドガラスはお施主様の支給品   枠なんかを工房でアレンジ

久しぶりに Wood-1 造作建具




なかなかうまい具合に仕上がった



お施主様よりの「感動のありがとう」    いいですね           






今日の桜土手の桜


20130329_085148047_



まだほとんど咲いていない



2013年3月28日 (木)

桜土手の桜

桜土手の桜まだほとんど咲いてなかった(朝には)

Dsc_0866


が   今日は気温が暖かかったせいもあってか夕刻にはちらほら咲いていた




そんな季節に新築 ダイニングテーブルこんな物を作っています


Dsc_0906

裏面なんですが無垢の大木はどうしても中心にひびが入りやすい


そのため小さなひびの補修と割れ止めをかねてボルトを埋め込む




こんなことをすることによってひび割れがなくなってくる



これは樹種 杉  約150年物の大木



これもいいですね




2013年3月27日 (水)

Dash島 海の家

先日のDash島


20130324_190855071_


20130324_190914070_


京都府伊根の舟屋が有名


船の宿ともいう船と一体となっている建物



世界遺産ではないんだろうが何ともいえないいい光景

映画のロケには持って来いの光景


そんな中での舟屋の古民家が紹介される



20130324_191126060_


20130324_191141058_

20130324_191128059_


大きな柱を使った納屋?のような建物


柱は間中といって3尺おきに立派な柱が立っている

Dash島に計画されてるのが次のような物 果たして立派な物ができるのだろうか





3



いいですね




2013年3月26日 (火)

竹の時計

こんな物をいただきました

Dsc_0824

竹製の盾

いい感じちょうどカレンダー代わりには重宝できる


竹の集成   竹って伸び縮が非常に少ない材質である


だから物差しなんかに使用される




竹とは

タケ(竹)とは広義には、イネ目イネ科タケ亜科のうち、木本(木)のようにが木質化する種の総称である。

しかし、通常の木本と異なり二次肥大成長はせず、これは草本(草)の特徴である。このため、タケが草本か木本かは意見が分かれる(『木#定義を巡って』も参照)。ただし、タケの近縁種は全て草本で木本は存在しないので、近縁種に限った話題では、近縁の完全な草本と対比してタケは木本とされることが多い。

分類学的には従来、タケ連 (Bambuseae) にまとめられていた。しかし、単系統ではないことが判明し、分割が提案されている。

広義のタケは、その生育型から、狭義のタケササ(笹)、バンブー (bamboo) の3つに分けられる。以下では便宜上、狭義のタケを「タケ」、広義のタケを「タケ類」と表し(ただし一般には、「タケ類」はタケ亜科、あるいは狭義のタケの意味で使われることもある)、タケ類全体について述べる。漢字の「竹」は人文・産業的な文脈に限って用いる。

タケは気候が温暖で湿潤な地域に分布し、アジア温帯熱帯地域に多い。ササは寒冷地にも自生する。タケ・ササの分布は北は樺太から南はオーストラリアの北部、西はインド亜大陸からヒマラヤ地域、またはアフリカ中部にも及ぶ。北アフリカ、ヨーロッパ、北アメリカの大部分には見られない。

通常、地下茎を広げることによって生息域を広げる。一部のタケ類は周期的に開花し一斉に枯れることが知られている。その周期は極めて長く、マダケの場合は120年周期であると推定されている。しかし、まだ周期が分かっていない種類も多い(日本におけるモウソウチクの例では、種をまいてから67年後に一斉に開花・枯死した例が2例(1912年→1979年・1930年→1997年)記録されている[1])。竹の種類によって開花周期に幅が見られるが、一般にはおおよそ60年から120年周期であると考えられている[2]

タケ類は成長力が強く、ピークの時は1日で1メートル以上成長する。竹林の近くにある民家の中に竹が侵入する(タケノコが生える)被害もある。地下茎が地面を広く覆うことからがけ崩れには強いが、逆に強風、地滑り、病気などには弱く、放置された竹林で地滑りの発生が多いという研究もある。事実、放置竹林による地すべりの事例がいくつも報告されており、問題が指摘されている。また放置竹林によって山地が覆われ、元々植生していた広葉樹針葉樹光合成が妨げられ、結果として森林の減少を招くという問題も起こっており、各地で対策が講じられている。

乾燥が十分なされたものは硬さと柔軟さを備えており、さまざまな素材として利用される。その繊維を利用しても作られている。竹酢液竹炭としても利用されるほか、飼料、建材、工芸材料などとしても用いられている。前述した放置竹林の問題にも、これらの素材としての活用を求め、様々な研究、試行錯誤が行われている。

また、食材としては、若いものをとして食べるほか、葉を食料として利用する動物もおり、ジャイアントパンダはこれを主食としている。

モウソウチクを除く種の多くは、その地域でしか生育しないことが多いが、その理由は不明である。

なんか変な性格している

2013年3月25日 (月)

プロフェッショナル

NHK 7:00~の番組でサッカー本田圭祐のことをやっていた


けがにも屈服せず  ひたすらに目標に向かって自分の道を進む



いいね ~     こんな若者に憧れる  ??    



これでないとプロにはなれない


プロとは ?    お金が稼げる人


自分の給料の3倍以上稼げる人

会社にとっては人財



いずれにしてもやる気のある=目標が立てられそれに向かって進むことのできる人



そんな番組


Dsc_0820


この言葉がいい  「オレならできる」

          いいですね


   過去には帰れないが 若くしてこの言葉を いってみたい



ここにも 「なせばなる」 が出てくる



Dsc_0818Dsc_0819


お金をいただいているなら やはり プロでなければならない
    またやらなければならない


    宿命とでもいおうか


俺もやれること以上にやろう   頑張ろう




いい番組であった     果たして何人の若者が観たんだろうか













2013年3月24日 (日)

太鼓台

昨日・本日と太鼓の台に挑戦


なかなかうまくいかない



Dsc_0787


いったいこの太鼓は?


新庄高校の吹奏楽部の演奏に太鼓を導入

  その台となる


いい物にしょうと思うが使い勝手が悪い

何度とやり替えこの型となった


演奏がうまくいけばいいが・・・      ひっくり返らなければいいが・・・



なんて考えるとなかなか進まない


30日に発表会とのこと


何とか1基は完成したがもう1基必要とのこと


明日の夕刻からもう1基作る予定



大変




今日の梅


Dsc_0784



ほぼ満開




また気になる季節が見つかればお伝えします





2013年3月23日 (土)

ATOK

ATOK

このことば 今から25年近く前 はじめて目にしたときには   

    なんなん       さっぱりわからなかった


当時は日本語変換システムなんていう言葉すらわからなかった時代

不思議な言葉 っていうより 不思議な物にしか見えなかった


最初の出会いは   一太郎       マイクロソフトでは Office Word   のIMEと同じ


一太郎のVer1~8位まで使ったんだろうと思う    よく昔のコンピュータのことをブログに掲載させていただいているが当時 8インチフロッピーディスク

  おいおいこんなもんでなんが記憶できるのかと不思議に思った
     3インチフロッピーになったまでは記憶にある


その後 DOSの時代からWindowsの時代に

     一太郎からWord   ロータス123からエクセルへ

          この時代私はコンピューターと格闘しながらDOSの勉強したもんだが・・・


     Windowの時代になりDOSはなんだったんだろうかとカルチャーショックを受けたもんだ


その時Windows  IME なんて変換悪いんだろうかと思っていた
     できればもう一度一太郎としきりに思っていたが

     発売のJustsystemが急激に下火になりIMEを使わざるを得なかった時代であった


しかしながら現在 一太郎 を使用していたATOKユーザーが復活してきたこと

     もう一度ATOKを使ってみたい というユーザーが多いのでは・・・




そんなことで今一度ということで   一太郎 ATOK   に変換



3

先日から使用してるが わたしは昔を思い出しながらやはりこの変換の方が格段にいいと感じる


恐るべしATOK  である


もちろん一太郎「玄」も使用中

Images_3



これもいいですね






役員会議終わったあとなんで今 日付が変わりました

後日付変更しておきます








今日の梅


Dsc_0780


Dsc_0781_2


Dsc_0782


   

あと少し

2013年3月22日 (金)

手刻み

Dsc_0773


工房では只今手刻み中 ????

難解な言葉

   なんてこと    な~んて 質問が来そう



今は木造住宅 ほぼプレカット

    プレカットというのは木造住宅の柱や梁の機械加工のこと



そんな時代の逆行をいく墨付け加工

久しぶりの墨付けから加工に入る



Dsc_0774

なかなかうまく加工できないのは残念ではあるが・・・


これも伝統工芸か     いえいえ 伝統まではいかないでしょう


しかしながらこんな光景はなかなか見ることは出来なくなってしまった




後世に残さなければならないと思う

今日の梅


Dsc_0779


Dsc_0777


ほとんど咲いてるがあとチョッとで満開







2013年3月21日 (木)

千変万化の1日

春のお天気  1日のうちに大きくかわる

      寒くなったり、暑くなったり、晴れたり、雨になったり・・・


    大きく変化する



またこの時期 多くの新人が入社し、また退社



そんな大きな変化の中 工房 も大きな変化


  
弊社では日報もあるが  本日の予定表なるものがある 
   PDCAを実行するためには必ず必要なもの



こんななかにイエローハットの会長が言っている「凡事徹底」がある

   毎日のPDCAを行うためには必ず必要

   この予定表が頭の中に入っているものは必要はない

   またいつでも瞬時に変更できるスキルがあるなら必要はない

   かんたんにTODOを使っているものもいる

   わたしはあまりTODOは使用しないが便利に使えばいいもの

   友達の中にはカラフルにTODO手帳を作っていたやつがいる

   やはりキッチリ物事が出来る


そんな私の1日のTODOが ガラリ と変わった1日である


もちろん仕事が終わるのも当然遅くなる
   今日は12時近くになってしまった



どんな1日だったんだろうか     と振り返ってみると

木曜日=会議の日  そんな一日はスケジュールが込み合う
      ?当然に会議が続けて1日中ないので会議の間に何かを入れる

これが本日の私を大きく狂わせた

まず最初  県営上屋工事

    昨日の雨で延びてしまう

Dsc_0754


Dsc_0763


寒いがいい天気


朝からの予定がチョッとづつ狂い出した

銀行にいかないと間に合わないものが出る

   親父の相続真っ最中何やかんやの書類が必要
   また本人でないとだめです ! なんて銀行ほとんど

   間に合わないんで今日どうしても銀行に


そうこうしていると向東のN様邸上棟   お客様と3時にお会いする予定

3時からは県営コンクリート打ち 立会い


そんな事を今日の行事に入れる   その間建築部会会議がある

コンクリート打ちが終わりそうになるとすかさずコンピュータ関係の依頼


そこからなんです大きな大きな変化


材料いるんで・・・    と工房依頼


工房へと    今日は梅は撮れないと思っていたら  工房に


Dsc_0767


ウフェ !!逆光


夕方になったんでいつもの朝とはちょっと違う


でもだんだん綺麗になってきた



そんな一瞬の ホッ とする間

そんなときに工房への応援依頼   片付け・ドア吊りこみ

週例の後あわてて片付けに


多くのお方の応援も得ることが出来、辛い1日ではあったがわけあいあいに楽しく仕事が出来たこと またひとつの糧を得ることが出来た


またご報告  弊社神谷君今日で退任

  社員教育にも手のかからない出来る娘であった

    私と同じAB型なのでうまが合ったのか?わからないが一人で泣きながらコツコツ

    やってくれた娘であった

    寂しく残念であるが 出会いであり、別れでもある

    これからの人生本人にとって結果がいい人生であってほしい

           コブクロ 「さくら」←私のこんなときに好きな曲


2013年3月20日 (水)

工事は辛い



新浜 上屋工事

      今日は基礎工事



彼岸の中日   なんて関係ない ??

    こんな事言ってると  この罰当たりが・・・・・なんて言われそう


しかししょうがない   ばちあたりなんだから



ところがですよ    体がめいってしまっている


今年はこんなに花粉症がきついのか   なんて感じるくらい花粉症に悩まされている



今まではマスクなんかつけたことはなかったが今年はどうにもならないくらいクシャミがでる


おかげで腹筋の運動になるのか マッタリと疲れている



これも1級技能士の余波なんか


試験日より2ヵ月になろうとしているがいまだに腕が痛い


そんなときに只今基礎工事

   腕が痛くて痛くて      トホホ       


明日は立ち上がりコン打ち







今日の梅

Dsc_0752


Dsc_0753

春雨の煙るお昼に撮影

8分咲位でしょうか

あと少し






2013年3月19日 (火)

久しぶりの 工事&管理

Dsc_0732

久しぶりに外に出ての工事



お役所 公共工事

  西御所県営上屋の事務所新築工事

     大きな工事ではないが私が担当する久しぶりの工事

よく目立つところの工事 ちょうど184号線 海に向かっての最終端

  あそこやってたね    なんていわれる


しかしながら現場仕事は疲れる
  とりわけ基礎工事  なれない仕事?なのでなおさら





もひとつ新入社員教育を担当させていただいている
  今日は現場での実践

       向東でのセルロース腑吹きこみ現場での実習


やはり新人教育は疲れる?

  なんか今日は変に疲れる????


Dsc_0745

今日の梅

Dsc_0744


Dsc_0743


いい色に色づいてきた

もうすぐ満開




2013年3月18日 (月)

この前のたてもの園  高橋是清邸

20130228_141331012_


これっていったいなんだと思いますか?




すぐに気づきました


耐震補強!       




しかしこの格子のアイデアは思い浮かばなかった



なるほどこれも耐震補強にはなるはな~




こんなところにも

20130228_141349010_

欄間にも   これにはおどろき  !!!!


考える人は考えますね




ついでにこんな櫛窓  三井財閥邸

20130228_123027098_






月形卍崩し




20130228_123052095_

これと同じようなものが桂離宮にも

Images_1

全く同じものですね




曼殊院にも同じものが・・・

Manshuin09




三井家には面白いものがいっぱいにある



社長から言われた高橋是清邸

Images_2



これならわしにも建てれる・・・・ってな感じ


あまり  ピィ~ン  とこなかった


きたのは最初の耐震補強   最初耐震補強の写真は高橋是清邸









今日の梅


朝は雨のためいい写真ではないが大分咲いてきた


20130318_110258001_


20130318_110254003_




2013年3月17日 (日)

合格通知


電話連絡だったので一抹の不安はあったものが今日払拭された



表題の通り合格通知がきた


Dsc_0728


今になって一入のものがある



今までの実力+寸暇を惜しんでの鍛錬で勝ち得たもの


この歳になっての大きな成果   また私にとっての人生を左右するような出来事



そんな中でこんな本を出している東大卒の異色の人物

「坂の上の坂」  藤原氏


■坂の上にもっと豊かな峰を作る

――藤原さんは昨年末に『坂の上の坂』を出版されました。なぜ『坂の上の坂』という言葉を選んだのですか。

 ふじはら・かずひろ 1955年東京生まれ。1978年東京大学経済学部卒業後、リクルート入社。1996年同社フェローとなる。2003年より5年間、東京都内で義務教育初の民間校長として杉並区立和田中学校校長を務める。2008~11年、橋下大阪府知事(当時)の特別顧問。東京学芸大学客員教授
画像の拡大

 ふじはら・かずひろ 1955年東京生まれ。1978年東京大学経済学部卒業後、リクルート入社。1996年同社フェローとなる。2003年より5年間、東京都内で義務教育初の民間校長として杉並区立和田中学校校長を務める。2008~11年、橋下大阪府知事(当時)の特別顧問。東京学芸大学客員教授

藤原 司馬遼太郎さんの小説『坂の上の雲』は日露戦争を描いていますが、その当時は「40代で一仕事したら後は余生」という感覚でした。こうした人生を富士山型の一山ととらえる感覚だと、幸福になれない時代になりました。当時より40年から50年寿命が延びたからです。「八ヶ岳型、連峰型の人生を送りましょう」、「坂の上にもっと豊かな峰を作りましょう」という意味で「坂の上の坂」と名付けたわけです。

――藤原さんは40歳でリクルートを退社されましたね。

藤原 37歳のときにヨーロッパに家族を連れて行ったことがきっかけで、会社をやめようと思いました。ずっと会社にいて、役員を目指す人生もありますが、そんなことをしていたら自分のテーマが見つからないのではないのかと思い、「社長になるより格好いい働き方はないのか」ということをヨーロッパに探しにいったのです。

 成熟社会の先進国、イギリスとフランスで暮らしてみて、成熟社会がどうなるのかがかなり見えてきたので、教育、住宅、介護・医療、「組織の壁を超えた個人と個人のネットワーク」の4つのテーマで40代、50代を過ごそうと決めて帰ってきました。

――40代で転職というのは勇気がいるでしょうね。

藤原 会社をやめることがものすごいリスクだというイメージが僕にはありませんでした。むしろサラリーマンを続けたほうがリスクがある。サラリーマンは上に行けばいくほど、「上司と合わなくなったらアウト」という、大きなリスクにさらされます。

 男性の場合、昇進するときがまずいときなんです。偉くなると会社では会議、部下のマネジメント、社内接待も含めた「接待」が増える。

 接待、査定、会議の頭文字をとってSSKと僕は呼んでいるのですが、部長くらいになると、会社にいる時間の9割くらいがSSKになる。そうすると自分のテーマが追えなくなります。

■「企業内自営業者」を目指せ

――多くの人はなかなか藤原さんのような決断はできないのではないでしょうか。

藤原 組織の中にとどまってもいいと思います。ただ、組織の中にとどまりながら自営業者のような意識をもつ『企業内自営業者』を実践すればいいと思います。

――藤原さんはかつて杉並区立和田中学校で民間校長を務められ、〔よのなか〕科という、学校の知識と実際の世の中との懸け橋になる授業を実践されました。いまのサラリーマンの多くは中学生以上に業界外の世界、「よのなか」がわからなくなっているのではないでしょうか。

藤原 〔よのなか〕科の授業は、子どもたちに大人やゲストティーチャーといった「他者」と向き合わせました。正解が一つじゃない課題に対してどうアプローチするかを探っていく。

 日本のビジネスマンは内向きになってしまっていますが、他者とどういうコミュニケーションをするか、自分が納得し、他者も納得させることができる「納得解」をいかに紡ぎだしていくのかという技術が大事なんです。



なるほど・・・・    そんな事を強く感じる合格証でした



今日の梅

Dsc_0725

大きな変化なし








2013年3月16日 (土)

御寺  泉涌寺

早朝より大阪の用事


足を伸ばして京都「泉涌寺」の見学

Images_1


Dsc_0719004_

Dsc_0722001_


Dsc_0714008_

みてら せんにゅうじ    と読む


いい建物である

説明にはこんなこと

泉涌寺概略 

 東山三十六峯の一嶺、月輪山の麓にたたずむ泉涌寺。皇室の菩提所として、また諸宗兼学の道場として、壮麗な堂宇が甍を連ね、幽閑脱俗の仙境、清浄無垢の法城となっている。
 当寺は天長年間、弘法大師がこの地に草庵を結び、法輪寺と名付けられたことに由来し、後に仙遊寺と改名された。建保6年(1218)に、当寺が開山と仰ぐ月輪大師・俊(がちりんだいし・しゅんじょう)が宇都宮信房からこの聖地の寄進を受け、宋の法式を取り入れた大伽藍の造営を志し、嘉禄2年(1226)に主要伽藍の完成をみた。その時、寺地の一角から清水が涌き出たことにより泉涌寺と改めた。この泉は今も枯れることなく涌き続けている。
 大師は肥後国(熊本県)に生まれ、若くして仏門に入り、真俊大徳に師事して修学、大志をもって求法のため中国の宋に渡り、滞在12年、顕密両乗の蘊奥(うんおう)を究めて帰国した。帰国後は泉涌寺において戒律の復興を計り、当寺を律を基本に、天台・真言・禅・浄土の四宗兼学の道場とし、北京律の祖と仰がれた。
 したがって当時朝野の尊信篤く、後鳥羽・順徳上皇、後高倉院をはじめ、北条政子、泰時も月輪大師について受戒するなど、公家・武家両面から深く帰依された。大師入滅後も皇室の当寺に対する御帰依は篤く、仁治3年(1242)正月、四条天皇崩御の際は、当山で御葬儀が営まれ、山稜が当寺に造営された。その後、南北朝~安土桃山時代の諸天皇の、続いて江戸時代に後陽成天皇から孝明天皇に至る歴代天皇・皇后の御葬儀は当山で執り行われ、山稜が境内に設けられて「月輪陵(つきのわのみさぎ)」と名づけられた。こうして当山は皇室の御香華院として、長く篤い信仰を集めることとなる。泉涌寺が「御寺(みてら)」と呼ばれる所以である。
 総門内の参道両側をはじめ山内一円には塔頭寺院が建ちならび、奥まった境内には大門、仏殿、舎利殿を配した中心伽藍と天智天皇、光仁天皇そして桓武天皇以降の天皇・皇族方の御尊牌をお祀りする霊明殿と御座所、庫裡などの建物が甍を連ねている。
 全山木々に包まれて静かにたたづむ堂宇、玉砂利の境内は、春は新緑、秋は紅葉に色どられて、一種別天地の雰囲気をかもしだす。




なかなかいい建物である


Dsc_0718005_


きょうは涅槃像がご開帳 

大変に大きな絵8m×12m位はあろうか

いい色合い


いい勉強を今日もした




今日は梅はお休み

2013年3月15日 (金)

やりました !!!!!!

1級建築大工技能士合格しました!


多くのお方に励まされ、また多くのお方に協力を得、また多くのお方に賛同を得て見事合格いたしました



本当に多くのお方に  ありがとうございました



弊社で行っている 「ありがとうカード」 10年分3650枚分に匹敵するありがとうでした



思えば要綱発表があって毎日休みなしの平均4~5時間の猛特訓


中国人の劉もびっくりしてた

日本人って こんなんだ なんて大きな印象を与えたに違いない


本人も甘い気持ちで基礎2級に望んだが私たちの厳しい特訓にも耐え見事に栄冠を勝ち得たが大きな経験を強いられた?かも知れないが 得るものも多かったのではなかろうか


おかげさまで今ではいい意味で私たちに大いなる貢献をしてくれている


何事にも挑戦 また人間磨きであったであろう




わたしも全国一の最高齢合格者とか不名誉なものもいただいたがそれなりに大いなる挑戦をさせていただいた

まだ出来る!!!   


親父の葬儀のときも話した なせばなる なさねばならぬ何事も ならぬは人のなさぬなり


なんて言葉が頭をよぎる




「やりゃできる」   ということをまざまざと教えていただいた技能士合格であった




追   昨日のブログ 「朴」 ってなんて読むの?とのご質問

       「ほお」って読みますよ



食い物の中で「ほおば寿司」なんてのもあります

1


2



うまそうですね

柿の葉寿司 も有名ですね







今日の梅

20130315_074259009_


気温が今日はぐっと寒いので作日と大きな代わりはない





2013年3月14日 (木)

朴の木

朴の木はここらあたりではあまりなじみが無い



私の記憶では小学校のころ 工作で木版画を作ったがその木が朴であったのを記憶している



朴の木はそのほかにイチョウとならんでまな板がいいらしい

Images_2_2


Images_1_2


Images_3



こんな朴の木の原木が10数枚ある


それをうちの安藤記念品にするのだ! なんて ブスッ と切っていた



しかし私は知らなかったのだが 桐油を塗って仕上げたらものすごくいい色


これには参った



ヤスリ をかけてもすごく安易にかかる


いい色に仕上がった



今お見せできないのが残念だ





朴はこんな木だ

Dsc00458





綺麗な花が咲く

  実際には見てはいないがいっぱい咲いたら綺麗だろう



綺麗な花が咲くきは製材した後の木もきれい







今日の梅



Dsc_0703



半分くらい咲いただろうか

2013年3月13日 (水)

燻製 出来ました

「燻りがっこ」を昨年から作っていたがやっと完成

20130312_194505002_

20130312_194456003_


いい具合に燻された「がっこ」となった

3か月ほどかかった

味見はまずまず   チョッと塩辛いかな

糠漬けの時分は塩がたらないかと心配したが出来上がりが当時の1/4

   からさも4倍となる 

      次回はもう少し塩分控えめに!!



ついでに と 燻製も足して作成



20130312_194135004_


鳥の アバラ セセリ もも   なんかも大変にうまくできた


でもあちこちに配ったら自分が食べるのほとんどなかった

    今日の昼のおかずが精一杯

多くのお方に喜んでいただいた


また仕込んだときはブログでご紹介しますので  オファー ください






今日の 梅


20130313_075146001_


昨日はものすごく暖かかったのでかなり色づきました






2013年3月12日 (火)

季節




工房に毎日通うたびに季節を味わうことが出来る


ここ数年は季節を感じなかった



特に事務所勤めは季節感は全く味わえない
    ただ草花は植えていたので綺麗な花を咲かせてくれれば多少は味わえたが

    事務所はセルロースファイバのおかげでほとんど温度差は感じなかった

ところが工房となると 夏は暑いは 冬は極端に寒い
    今までのブログに多く掲載させていただいたが夏は40度近くに また冬はマイナス9度になる


おかげさまで体調はすこぶるよくなる

    本社勤務となるとシャツ1枚でもOK

       ところがそういうわけにいかないので服を着る頭のてっぺんまで暑くなる

         ついつい顔が赤くなる

         ついつい「一杯いただきました」なんて言うと 顰蹙を買う

そんな中今日は春を感じたので一こま


20130312_074257001_ 


184号線畑の坂を少し下ったところ

   梅が綺麗に芽吹きはじめた


去年も今頃綺麗に梅が咲いていた

   なんだか シュン とくるがこれも人生


ことしも綺麗に咲くことだろう    イチョウ中継同様に時々はお知らせしてみよう






2013年3月11日 (月)

工房超エコの成果



工房では残材・廃材を如何に少なくするか   に挑戦しています



今回は集成フリー板

   如何に端材を少なくするかに挑戦している



このたびは一枚のフリー板で端材がほとんどでないように挑戦した


エコカーのごとく如何にリッター当たりの距離を伸ばすか・・・




もひとつには  「もったいない」  「資源を大切に」

そんな思いの結果が    これだ !!


Dsc_0694

5現場でたったこれだけの端材

以前のように各現場での端材が50%越えていた

    ドンだけむちゃくちゃなことをしていたか

      ドンだけ「もったいない」ことをしてきたか


20枚の使用で10万円は浮く


厳しいことをいうかもしれないが当たり前のこと



こんなことをいうのは私だけなんか?

    給料に関係ない?  そうなんか・・・   違うと思う


もっともっと物を大切にせえや !!!


生産性のない若者へ






2013年3月10日 (日)

燻製 PartⅡ

結構大きなボックスのためなかなか思うように燻製出来上がってこない



Dsc_0679


これは昨日煙を入れる前

上側に見えるのは 「がっこ」    白いのは 「卵」   手前の白いのは「鳥チューリップ」


たまごがうまくいかなかった   というのは味付けをすっかり忘れていた


本当は「味付け卵」にしたものを燻製にするのが本当

等分してなかったのでいただいたゆで卵をそのまま燻製にしてしまった



チョッと残念   後で  塩と胡椒をまぶしたがうまくいくかどうか?

    今日のところは残念ながら無理のようだ



サーモンと牛ステーキ肉はうまく出来上がった


明日もう一度煙に通しておしまいにする

   ケースが大きいだけなかなかスモークがいい具合に行き届かなかった




Dsc_0681

スモークが入った状況
20130309_121426007_


20130309_121432006_


がっこ  もスモークに入れる



本来なら数日間囲炉裏の上で燻すんだが工房では煙突があるんで部屋内にはなかなかいい煙は発生しない



いい具合にいぶればいいんだが



2013年3月 9日 (土)

燻製

休みであろうとなかろうと 工房 出勤  

     給料ないので出勤しようと休もうと変わらないのが残念 !    



先日ご紹介した名刺の裏   製造品目の中に漬物がある ( 説明済み)


     ところがもう一つ燻製がある


          昔はよくやったもんだ  なんでも燻製になる

                           また不思議に旨い また日もちもいい

そんなことで先日来の「がっこ」作りを行う


   まずは大根漬けを乾燥していたものを燻製に



おっととっと  燻製を作る道具の作成から


20130309_121417008_

セッコウボードで900*500*900のボックスを作る

大工なら手馴れたもの
  上部に何やら出ているものは10φのボルト
  これは食品を吊るすのに使う

ものの10分もあればできる


それに食品を吊るしていく



20130309_155645005_


これはサーモンお刺身用のものを使う

  きょうは半身を3切れ使用するこれには塩・胡椒で味付け




20130309_155800002_

これなんじゃい?  ししゃも なんです     ししゃもはお客様に喜ばれる
     また作るのに容易   小箱1箱買ってくる  そこそこ大量

        これもステンレスの針金に通して吊るす


20130309_121432006_



箱の中に大根・サーモン・ししゃも・ステーキ肉(安価なほうがうまい)・ゆで卵・イカの一夜干・とりのチューリップなんかを入れる


これをしたから煙で燻す



今回はその煙は りんごの木のチップを使用


Dsc_0676


Dsc_0677


Dsc_0678


チョッとリッチに「りんご」を選んでみた


桜もナラもりんごの木も大して変わらないと私は思うが幾分かマイルドの感がある


桜が一番ポピュラーであり匂いがよく付くようだ



明日には出来るはず    楽しみ


これはオファーしていただいても残念ながら売約済み


次回をお楽しみに










2013年3月 8日 (金)

子宝湯

江戸東京たてもの園のなかで興味を持った建物の一つ



20130228_133112070_

屋根の照り(反り)と玄関の唐破風(屋根のムクリ)がなんともいえないくらい似合っている

これが本物だ !!     という感じがする


先日の山鹿温泉 「さくら湯」  とは大きな違いを感じた

  道後温泉を手がけた棟梁が作ったものを再築したとか






これが山鹿温泉
20130215_141702041_


よく似た建物ではあるが感じはまるで違う


写真で見ると大差はないようであるが実際に見ると大きく違う

さくら湯は安っぽく見える

    しかしながら当時はすごかったのかもしれない

    再築にあたって多くのお金をかけなかったのかもしれない

       また忠実に再築しなかったのかもしれない  ちょっと残念  


20130228_133228068_




すごい番台   じかんですよ!なんてTV番組を思い出す
20130228_133235067_




タイルでなかったのが残念だ  当時はタイルだったに違いないと思うが・・・
20130228_133304065_


20130228_133319063_


20130228_133400060_




昔はこんな台秤だった    小学校時代の体重測定を思い出す
20130228_133532053_




やはりバランスがいい   隅の角面がまたしゃれている
20130228_133823051_


このたてもの園で一番気に入った建物となった   前川國男はそれなりにいいが



2013年3月 7日 (木)

前川國男 PartⅡ

先日の続き



本当に憧れた前川國男   



今でも いいね!  を連発


でも好きでなくては単なるボロ家


建物にいろんな工夫がなされている



まず建物の図面を見せていただいた  非常にありがたい


20130228_102725217_


20130228_101926233_


20130228_101954232_



たったこれだけのシンプルな図面

昭和16年の文字を見ることはできる


私が生まれる前




すげ~     またまた感激をする

20130228_110453172_

柱が割れてる   なんて苦情はダメです

   割れるんです!

*****これってどこかおかしいんです*****



わかった人お聞かせください

    私分かりましたよ!!!


なるほどね????    それが工夫なんです


後日発表

きっと見てくださいね


わかればコメントください



20130228_104231193_

樋=シンプル=いいですね!

後ろに見える木は ケヤキ いいですね!

お似合いですね


20130228_104210194_
ここら辺からの眺め

抜群!!!


20130228_102412225_





こんのたてもの本当にいい


 バランスがとてもいい

  また目の前にして2時間くらいこの建物を見ても飽きない




こんな建物をあちこちに作りたい







2013年3月 6日 (水)

花粉症


憎きスギ花粉 !!!!


そんなことで本日尾道に出るついでに山に入ってスギをとってきた




Dsc_0667

持ち帰ったスギ


私はこの丸い米粒のようなものを実と言っていた

杉の実鉄砲を作って遊んでいたものだ

今の子にはわからないだろうな~

Photo

Images


笹で作る鉄砲
  授業中パチーンと人を打ってローカに立たされた思い出がある


  栗原の八幡さんにたくさんなっていた


これがよくわからないのがなる木とならない木がある


まだ青いのをとって打っていた
   花粉が飛ぶのがどうなんかその記憶はない

    また見たことはない


てっきり実だと思っていた

でも実からは花粉は飛ばない

   実と思っていたものは花なのか?



またゆっくりと調べてみよう



しかし山に入ってみたがそれらしい粉が飛んでいる様子ではない


それなのに花粉症が今日はきつい


御調 例のイチョウの木のすぐそば



Dsc_0665


Dsc_0666


山が赤くなるほどだくさんなっていた? 咲いていた?



どうしても実としか思えないのは私だけか?



しかし憎いね~        














2013年3月 5日 (火)

一太郎&花子




一太郎・花子とくれば私の大好きなソフト


一太郎・花子ともVer1から


   以前掲載させていただいたことがあるが一太郎のVer1は8インチフロッピーディスク

   Ver7くらいまで使った  Windowsになりロータス123が消えてしまってWordになってしまった

   またロータスはExelになってしまった

   しかしあのとき IMEの使い勝手の悪い、変換の悪さは忘れられない

   ATOKがいい先日タブレットでお試し版ATOKを使用したがOKであった

   



   ここにきて一太郎・花子が伸び復活してきたそんな一太郎を購入



Dsc_0658

早くにこの画面変わるので一太郎はなんとか撮れたが花子は×


Dsc_0664

2枚目のこの画面しか撮れない


ちょっと1セット購入したのでいろいろ使ってみよう


昔は三四郎なんていうのがあったが消えていた


手裏剣とかいう名前のもの、詠太・・・・etc  私にとってはいいゲーム




また使用結果ご報告します








2013年3月 4日 (月)

漬物

私の名刺にはこんなものを書いている



Dsc_0650

馬鹿なことを書くな!なんてお叱りを受けそう



そんな名刺にそって今日の休憩時間には「ガッコ」の下準備



去年より糠に漬け込んだ大根を干しています


Dsc_0643




Dsc_0644


Dsc_0645

例の薪ストーブの上に干していぶす これがまたうまい 1ケ月位干していぶす 前工程は以前のブログに掲載

2013年3月 3日 (日)

残務整理



ちょっとの間PV(プライベート)*よくPVってなんなん?って聞かれる=プライベート

  で3日ほど留守をしてたんだがなんやかんや・・・

    もちろん日曜でも私は構わない



現場は忙しいんだろうが  如何してるんか?



キムチはあと1樽となってしまった

      あちこちからオファあれば致し方ない


最後の樽は開封は水曜日くらいになろう



これはこの3年間(私が営業してお世話になった期間)お世話になったところに
    点検を兼ねてお配りしようかと思っています

    40軒ほどあるのでおしまいになってしまう


もう一回つけなければならない   漬物屋じゃねぇ~

   でもしょうがないかもしれない



そんな中で昼休憩には「昔ならした ランチェスター戦略 の本を読み直す」
   10冊ほどあるんでこれまた大変

しかしながら一度勉強してるんで完読は早い20130303_211639001__3

しかしながらランチェスターの基本が書いてある本があったが見当たらない

そこでwikipediaで調べてみると

ランチェスターの法則 [編集]

第1法則 [編集]

ランチェスターの第1法則はいくつかの前提に基づいた場合にだけ適合する一次方程式の戦闘モデルである。ランチェスターの理論でその前提は次のように整理される。

  1. 両軍は相互に射撃を行なうが、互いに相手の部隊の全てを有効な射程に収めている。
  2. 両軍の部隊の戦力は兵員と武器の性能によって同様に決まっているが、両軍の部隊が発揮できる戦闘効果は異なっている。
  3. 両軍とも相手が展開している地点の情報を持たない。したがって、射撃の効果がどれほど得られるか不明なまま戦場の全体に対して射撃を行なう。
  4. 両軍とも戦闘において残存する両軍の部隊は展開しているが、その部隊の配置は決して形式的に定まることはない。

このような前提を踏まえれば、狭隘な地形において対峙している一対一の戦闘部隊による戦闘をモデル化したものと見做すこともできる。このモデルはいくつかの要因を含んだ次のような方程式として示すことができる。

A_0-A_t=E(B_0-B_t)\,
A_0はA軍の初期の兵員数
A_tは時間 t におけるA軍の残存する兵員数
B_0はB軍の初期の兵員数
B_tは時間 t におけるB軍の残存する兵員数
Eは武器性能比(Exchange Rate)=(B軍の武器性能)÷(A軍の武器性能)
(軍の戦闘力)=(武器性能)×(兵員数)

戦闘を前提として、戦闘力が優勢な方が勝利し、勝利側の損害は劣勢の戦力と等しくなる。例えば武器性能比Eが1の場合(武器性能が同じ場合)、例えばA軍5とB軍3が戦ったら、A軍が勝利して2 (=5-3) の兵員が残ると考えられる。

第2法則 [編集]

ランチェスターの第2法則は二次方程式を用いた戦闘モデルを示したものであり、ランチェスターは既に述べた第1法則の前提のうち1と2については同じように導入しながらも二つの異なる前提を設けて理論を構築している。

  1. 戦闘において残存している部隊は互いにあらゆる時点で相手の部隊が配置されている地点についての情報を持つ。
  2. 戦闘における両軍の部隊の射撃は相互に相手の残存する部隊に均等に分配する。

省略した2つの前提を含む第2法則の4つの諸前提は各部隊が敵情について正確に把握し、かつ相手に対して無駄のない適切な射撃が可能であることを示している。この戦闘モデルを調べると、第1法則で示された戦果に対して興味深い相違点が認められる。

A_0^2-A_t^2=E(B_0^2-B_t^2)
(軍の戦闘力)=(武器性能)×(兵員数)^2

銃器火砲航空機が発達して一人が多数に対して攻撃が可能な戦闘を前提とし、双方の戦闘力を二乗した上で戦闘力が優勢な方が勝利するが、第1法則よりも兵員数の優位性が高い。Eが1の場合、例えばA軍5とB軍3が戦ったら、実際の戦力差はA軍25対B軍9であるため、A軍が勝利し、4 (=\sqrt{5^2-3^2}) の兵員が残る。

またgoo辞書では

  • ランチェスター戦略は、組織の販売能力を「1人あたりの販売能力」×人数に分解し、人数が同じ場合には、1人あたりの能力が高い方が勝ち(第1の法則)、1人あたりの能力が変わらなければ、人数が多い方が勝つとしている(第2の法則)。
  • 元々は、イギリスの航空工学のエンジニアであったF・W・ランチェスター(1868-1946)が発見した法則である。コロンビア大学の数学教授B・O・クープマンとアメリカ海軍作戦研究班が軍事目的のランチェスター戦略として展開し、日本の田岡信夫(1927-1984)が販売戦略として確立した。 ランチェスター戦略では、市場シェアが1位の企業(事業者)のみを強者、それ以外すべてを弱者と定義し、第1の法則を適用した弱者の戦略と、第2の法則を使った強者の戦略を展開している。 弱者の戦略とは、マイケル・ポーターの言うところの「差別化集中戦略」である。一般的にシェア1位の企業は、規模が大きく人数も多いと考えられる。大きな市場では第2の法則が適用され、弱者は負けてしまう。そのため、弱者は戦うべき市場を決め、その市場において1人あたりの販売能力の競争に持ち込み、差別化させることの重要性を説いている。 一方、強者の戦略とは、人数で勝負できるようにすることである。つまり、弱者が取った差別化をなくすように、強者が真似をすることである。真似をすることで1人あたりの販売能力の差をなくし、人数での勝負に持ち込める。 なお、ランチェスター戦略は、市場におけるシェアが高い企業は、低い企業よりも相対的に利益が高いという前提に基づいている点に留意しておきたい。
  • なんて書いてある
  • 基本は第1次世界大戦の空中戦でどのようにしたら勝てるかの戦略から生まれた経営上の戦略
  • つまるところ上記の戦略を以下に自分の会社に当てはめるか ということ


    これがまたむつかしい



2013年3月 2日 (土)

PV 叔父の49日


先日親父の49日が済んだと思ったらすぐさま叔父さんの49日


なんとも近代的な49日であったがこれもこれからのならわしになるんだろうか



そんな49日いいことを習った


Dsc_0639


内容は自己を主張してはなりません

他人がいてこそ自分があるんですよ   なんてこと



私は自力本願    今日の教えは他力本願


いくばくかの?違いはあるもののちょっとばかし振り返ってみないといけないものもある

Going my way  でやってきた私に警鐘を鳴らしてくれたのか


これは叔父さんからの警鐘なのかと思うとまた ひとしお のものがある


【他のブログでは】

自分が主体になってものごとを実証するのは迷いである。取り巻く環境が自分を証明しはじめれば、悟りの域に達したといっていい。

「自己」を「自我」、「万法」を「自然の摂理」と考えると理解しやすいと思います。「自然の摂理」を「宇宙意識」といってもいいと思います。「おれが、おれが、・・・」ではなく、宇宙との一体感が感じられ、その一体感から自然と行動が導かれる。そんな状態がさとりだということです。会社でも、一生懸命自己PRする人がいます。本人は一生懸命なのですが、なんとなく浮いている。それとは逆に、「これはあの人でなくては」と皆が感じて、自然としかるべきポジションにはまっていく人がいます。状況がその人を求めるといった感じです。

「万法すすみて自己を修証する」ために具体的にはどうしたらいいか? 禅家が教えるところは、坐禅の実践です。坐禅に親しみのない一般人はどうしたらいいか? 人の話しをよく聞くことだと思います。ただ、うなづきトリオではダメで、何か活用できることはないかといった姿勢をもって、聞き入ることが重要です。教えてもらう姿勢といってもいいと思います。

こんな解説もありました




おいおい  仏門に入らないと

おいおい  座禅でもしなければ・・・・

おいおい  時間がない   (´;ω;`)ウウ・・・




こんな中でいつも私の中にある(平家物語)

祇園精舎の鐘の聲、諸行無常の響きあり。

沙羅雙樹の花の色、盛者必衰のことはりをあらわす。

おごれるものも久しからず、只春の夜の夢の如し。


なんて言葉が頭に浮かんでくる。


あ~  こわっ   




しかし  いったん 酒が入るとテンション上がる


20130302_145123007_


京大卒のいとこと「琵琶湖就航の歌」なんて昔のことを話す

   森繁久弥の歌がいいとか加藤登紀子のほうがいいとか


京大ボート部のいとこは加藤登紀子のほうがいいようだ

   しかしボート部は森繁さんと思うが・・・・

http://youtu.be/UH4xRlWhzAU

マッいい歌ですね  ~  ~


しかし骨董品といわれそうなのがつらい    





今日もおいしいお酒がいただけた  感謝








LIXIL敢闘賞 お客様と

今日は先日お伝えしたLIXILデザインコンペ敢闘賞受賞したお客様のところにお礼に・・・


もちろん手土産に例のキムチ



とても喜んでいただいていました



私たちもこれを糧にさらなる努力をしていかなければなりません


でっかい賞をいただき感謝感激です




******写真は後日アップします

2013年3月 1日 (金)

キムチ




先週 東京に行く前に本漬けしたキムチ


どんなつかり具合か?     気を揉むところであるがなんとか漬かっていた




20130301_125843004_


なんとか浅漬ではあるが美味しくいただけそう


そんなことで発送体制




20130301_133110001_


今日は60株を商品に



いわゆる 「工房漬け」 オファーいただきありがとうございました


残り20株はお世話になったお客様におすそ分け


明後日から準備にかかろう



私が社長になる前にはよく漬けていた


   オファーも多かった



しかしながらここ当分漬ける間がなかったのでご無沙汰


しかしブログに載っとったんで・・・・    なんて言われるとついつい大盤振る舞い



たくあん漬けも割とうまく上がっている

    これは販売はしていません

           「ガッコ」にしてまたお配りいたします


   秋田名物いぶりがっこにしようと大根漬けまではいま完了



おかげさまで今日は手が真っ赤になりました今でも唐辛子で指がホクホクしてます 





20130301_131807002_


このキムチ総評

今年は年末が忙しくてなかなか白菜の調達ができませんでした

今年になって調達したので白菜が大きくなりすぎました

   1箇の重さが5kg近くの大白菜


下漬けがなかなか漬からなかったので本漬けは水分が多すぎて

   水っぽい樽が多かったのが残念です

     かと言って塩が多過ぎると私の代は困ります

  それとゆず・橙が季節外れ

   甘いポンカンをたくさん入れたのかリンゴが多かったのかちょっと甘め


水っぽいのと甘いのとでお子様キムチになった感


しかし久ビぶりに漬けたので美味しくいただけた


イカもまたいい味になっていた



明日 明後日配達


   美味しく頂いて欲しいものだ






« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

最近のトラックバック

カテゴリー

  • 住まい・インテリア
  • 日記・コラム・つぶやき

最近のコメント

2022年2月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          
フォト
無料ブログはココログ