« ハワイ 行ってきます | トップページ | こんな格好でブーイング »

2013年6月27日 (木)

漆喰はどのようにして作られ固まるのか

*以下の文は私が40年ほど前に狩口さんという左官さんに教わったものです
    私より30歳位上なんで生きとられれば100歳近いお方です

    美ノ郷 中野のお方お寺のすぐそばだったように記憶します

    またタイルの張り方も非常にうまく私は75mm角の斜め貼りの技法を教わりました

      非常にスピードが速くなかなかその域に至るまでは時間かかりましたが
      私の左官のいい師匠でした
      当時大学出の左官は知らんで~   頭がええケーはよー出来るようになったノー
      なんていわれたもんだ
      大学出だから左官が出来る(早くに一人前になれる)とはいいがたい気がする



《漆喰はどのようにして作るか?》


まず中学校or高校の化学の時間で習った石灰岩から消石灰を焼いて作る


消石灰は私たちのころは石灰(いしばい)といって学校で使っていた白線(ライン引きに入れるやつ)
 
漆喰とは違うが私のやり始めころは土間のたたきは石灰に粘土と真砂を半々ほどと5:1くらいに石灰を入れて混ぜたものをタコとかたたき棒なんかで土間を締め固めていた

白線の石灰でも漆喰は出来るかもしれないが本漆喰というものがあった

白線用とはちょっと違ってものすごくさらさらしていた  ちょっとメリケン粉のような感じ

それにフのり といって海草をを煮詰めたのりを入れる
   
   朝早くから大きな鍋で炊いてたものだ 職人が来るまでには炊き上がってなかったら仕事が出来ん!!と糊炊き人は怒られたものだ
   
   仕事は今と違って厳しかった  私は当然と思っていたので当たり前には思っていたが・・・

それと すさ といってつなぎになる羊の毛のような長さ3センチくらいの物を入れる

プラスてんぷら油をわり方たくさん入れていた  コレは滑らかにぬれるようにするためのもの



今の漆喰は出来上がったものを塗るだけのような感はするが練り置きしたほうがいいとか

説明書に書いてあるが滑らかに塗るためと だま をなくするためと思われます



今はいい機械があるのでそのまま塗っても差し支えないものと思われますが・・・


いまの左官さんは難しい・めんどくさいの連発だが 練り置きしたものとそうでないものとの区別できますか?  

出来ないはずです 機械で だま のないようにきれいに練った物は


昔はどろどろに先に練ってだんだん粉を追加していい加減に硬さ調整してたが

まあ時間がたてば硬くなるような練り方では練り方不十分ですが




そんな漆喰は空気中の炭酸ガスと反応して徐々に硬化して100年くらいたつと消石灰になるということらしい


漆喰は強アルカリ性なんで(ph13~14)人間が酸化しないんで年取りませんよ!

なんて営業トークで冗談交じりに営業してましたが私のお客様多くは本気にしてましたよ!

特に温泉のお話  アルカリ単純泉というのがあってこのお湯につかるとお肌すべすべになるでしょ!   福山グランの湯 がそうなんですよ!  なんてお話しすると  行って見たら本当にすべすべになった・・・
なんて コレは 眉唾  本当は当分の間通わないとダメ!
すべすべになったのは 馬油 という石鹸のため    がっくりなさらないでください




そのお方のおうちは加度商で建てられました
  

アルカリを毎日浴びられてます  ものすごく美人になっておられますよ  

    この件に関してはコメント受け付けません  個人情報ですからね  ウフ
横道に入りましたがアルカリ性ということでカビることはほとんどありません
また燃えることもありませんので建築基準法の不燃材料として認定されてます



《ここでおさらいとともに昔の化学の時間》


石灰石 CaCo3
熱すると生石灰CaO   このときCo2とともに熱が出る

生石灰に水を加えると熱を出して消石灰になる=水酸化カルシウムCa(OH)2=漆喰の原料

コレに+糊+すさ+オイル=漆喰





CaCO3 → CaO+CO2 → CaO+H2O → Ca(OH)2 → Ca(OH)2+CO2 CaCO3+H2O



ということになりました



化学の時間終わり    

mol なんかでないんで簡単だったでしょう      

福岡でアルカリ単純泉の由布院の湯につかりながら飛行機の出発までを 万葉の湯 でまとめてみました

営業のお方は営業トーク学んでください

工務は何故漆喰が固まるのかお勉強してください 

   それがわかるとヒビの入りにくい漆喰壁を塗ることが出来ます
   
   セメンが固まる水和反応ではありません    ご注意してください

   
 白セメンは水和反応で固まります  
 
 強度が早くに必要な場合は白セメンを混ぜればいいです


 早く割れるとかそんな問題はありません   


   屋根かわらなんかは早くかたまらないと雨が降ると大変ですから








« ハワイ 行ってきます | トップページ | こんな格好でブーイング »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 漆喰はどのようにして作られ固まるのか:

« ハワイ 行ってきます | トップページ | こんな格好でブーイング »

最近のトラックバック

カテゴリー

  • 住まい・インテリア
  • 日記・コラム・つぶやき

最近のコメント

2022年2月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          
フォト
無料ブログはココログ