« 刻み | トップページ | 疑問   ガルバリュウム鋼板にシリコンコーキングは接着するのか »

2013年7月 8日 (月)

桔木

先日のブログ 「図板」   ではないがこれはなかなか読めないし


さすがの ATOKでも出てこない



「はねぎ」と読みます


とはいうものの私も 「はねぎ」は思い出せたが文字までは・・・・



お客様との接客中であったがよくも思い出せた     われながらびっくり



これを知ってる大工さんそんなに多くはないはず

  しかも字までとなると皆無では・・・     鼻高々            



それはいいとしてこれはなんじゃい?


Images_6

中央の部分    これを利用して2mくらいまで桁を使わずシテ屋根を持ち出すことが出来る工法


これではなかなか難しい


画像ちょっと拝借しましたがいい画像がありませんしネットでは死語になってしまってるので解説なんてほとんどありません


ちょっと時間いただいて1.5m柱なしで持ち出せる工法図面かいてみます


楽しみに待っててください




たまたまお客様とのお話の中で出た変な工法

お客様もアッぜんとされたのでは??? 

あまりにも突端な考えだったかも


これもわれながらおもしろいのでは


ひさしくこの工法やってない


思い出して後生に残してみたいもの





図板でおもいだしたが「ずばん」なんて読んだよ!なんて意見


「がばん」 ? はしってるが・・・     これも死語?

Images_7_2



小学校の頃は腕を鳴らせた有名画家加度 周治が使ってた画板?





あ~   なんだか懐かしい









« 刻み | トップページ | 疑問   ガルバリュウム鋼板にシリコンコーキングは接着するのか »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桔木:

« 刻み | トップページ | 疑問   ガルバリュウム鋼板にシリコンコーキングは接着するのか »

最近のトラックバック

カテゴリー

  • 住まい・インテリア
  • 日記・コラム・つぶやき

最近のコメント

2022年2月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          
フォト
無料ブログはココログ