« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月23日 (月)

四方転び 脚立

今年度から2級技能士の課題が変わった


「四方転び脚立」になった


Images



たかがこんな脚立


簡単に作れそうだがなかなか作れない


以前のブログにも掲載させて頂いたがなかなか手強い




またJBN広島県大会でも「大工エキスパートJBNマスターズ」(技能競技大会)

  でも取り入れられている



大工指導にもってこいの教材なので昔からよく課題となっていた



展開から作成まで挑戦してみようとマスターズ課題を基本に展開・墨付けまでようやく出来た


ここまで20時間はかかった


20130923_1706060016_


これも基本として大工なら作れなくては・・・・と思う


なかなか出来る大工は少ない    10%いないかもしれない


   非常に残念こんなことを憂うのは私だけなんだろうか?



挑戦してみたい大工さん  コメントください!







2013年9月22日 (日)

能面 小面  最終章

昨日の教室で小面最終章となった


後は自分で自分の腕を磨くだけとなった=やり方はすべて教わった



なんの技術もそうだとつくづく感じる



やはり出来ない者はやってない


やりゃー出来る   全くその通り




そんな話を大工にするがこんな返答・・・   会長は出来るケーエーけどワシャーやっても出来ん!


なんて返事が返る   絶対それはないで~   ワシは絶対にできん人よりようけやっとる



間違いないで  




4月からはじめたので6ヶ月


私の中では多くの時間をかけた作品の一つ



まだ3面未完成だが続いて出来る



完成品

Dsc_0004


工房にでも飾っておきます




次回からは  「翁」  に挑戦予定


Okina

ちょっと難しいけど





言われ   特徴


Gallery_okina




描かれてるように


翁は知恵と安らぎの象徴です

天下泰平と国土安泰を祈念いたします



新築の贈り物にいいが・・・






2013年9月21日 (土)

曼珠沙華

毎年この花にはついてブログに掲載させていただいているが


よくも毎年同じ時期に花を咲かせるものだと感心する



工房の近くにもたくさんの花を咲かせている



S20130918_144711002_



あさっては年寄りも墓参りにつれて帰る予定


あまりにも蒸し暑いので雨?

2013年9月20日 (金)

閉所恐怖症

Wikipediaで調べてみると

閉所恐怖症(へいしょきょうふしょう、英語名:claustrophobia)は、恐怖症の一種。閉ざされた狭い空間・場所にいることに極度の恐怖を感じる症状のことである。

狭い空間・場所に対して過敏な反応を見せる恐怖症は他にも存在する。これらの症状は混同されがちだが、閉所恐怖症の場合「閉塞感」によって引き起こされることが多い。

症例[編集]

  • 足を動かすこともできない満員電車が突然、駅でないところで緊急停車した。前方列車での人身事故の影響であるが、その停車は長時間に及んだ。乗客の1人が体を締め付けられ一切身動きがとれない事態にただならぬ恐怖を覚え、無理矢理人を掻き分けて車掌室のドアを叩き、脱出しようとした。のちに窓を叩き割ってでも、この場所から出たかったと証言。
  • 病院に精密検査を受けるために訪れた者が、全身を覆うMRIに恐怖を感じ、MRI検査を拒否した。現在では、閉所恐怖症を抱える人々に向けて、できるだけ圧迫感を与えないオープン型のMRIも開発されている。

まさにこれ

どうしても私はこの閉所恐怖症

特にMRIと言う機械が苦手


今日は脳ドック

福山 太田記念病院での検査

脳ドックにMRIは欠かせないのも事実

   よく音がどうのこうのと言われるが音はどうでもいい

 狭いところが苦手


なんで?  と考えてみるに


子供の頃 山に自分達の隠れ家を作って遊んだりした

今のようにゲームなんてない

山の上に家を作ったり、ターザンごっこなどもよくした

そんなときに 山に小さな洞穴があった

穴に入って遊んでいたとき妙な恐怖感を感じた


数人で入ると狭くてくらい
   おじいさんからここは防空壕と言ってB29が飛んできて焼夷弾を落とすから
   防空警報が鳴ったらこの中に避難してた  と話を聞く

中に入ってたときに爆弾落とされたらどうなるんか? と考えると帰って悪いだろう
   そんな考えを子供ながらに考えた
   ちょうど夏には(終戦記念日)頃には沖縄の火炎放射器で防空壕に向けて
   火が放たれる映像をよく写真等でみた
   まるで はだしのげん の光景である 

     はだしのゲンの内容はいまいろいろ取りざたされているがまた別の機会に

   その一件からどうしても穴に入るのは嫌いだった

井戸を掘るのも嫌

浄化槽を掘ったときに穴の中に入ることは嫌

大きな土管(ヒューム管)などに入るのも嫌


そんな中で交通事故を起こしたとき市民病院で初めてMRIを経験

何度もやり替えをさされた   動いちゃいけん! と怒られた
   もうええ!やめる! といって帰ろうとすると頑張っても一度やってみて

   急に優しくなって少々動いても何も言われなかった

   
何度MRIやってもだめ
   もうせんで!  と言いつつ今までに10回ほど経験




今回もMRIの恐怖におびえながら検査


またまた10分くらい経ってやり替え
  もうちょっとええ機械ないんかい!といってしまった

先のWikipedia 見ると開放型のMRIがあるとでてる
  今度はこれを買って待ってろ!と言っておかなければ・・・・


今回は羊が一匹・・・・900までは覚えていたが後は寝ていた

約2/3寝てたようだ


閉所恐怖症は解放されたか???



ありえん!   いまだに嫌じゃ             








2013年9月19日 (木)

大規模木造住宅

本日はJBN(ジャパン・ビルダーズ・ネットワーク)の実行委員会、その後大型木造住宅のセミナー


私の大きな興味  しかしながら私一人ではやれないし 多くの時間(許可・打ち合わせ等にかかる時間)がかかる

また費用が大変にかかる

他社が大型木造が出来なくても 鉄骨=アパート的な物 に変更になる可能性が高い


要するに軽量鉄骨との戦いになってくる

大型木造での競争には今現在ではなりにくい



設計・打ち合わせで20%近くの経費がかかる
  設計費用は5%で済むかもしれない
  しかし没になるのが70%くらいあるんでは

しかし以前にも掲載させて頂いているが国の方針が国産木造建築物に考えを大きく変えていることは事実

伸びる可能性は大である




そんなセミナー


20130919_141055003_

20130919_145336005_

20130919_145529014_

20130919_145634020_


20130919_145820025_




大型8mの梁

20130919_150952039_

やりますね~

しかしながら多くの問題点も潜んでいます



私たちも 3棟ほど私の設計で建てている

因島三庄   社員寮 2階建て14世帯くらい
尾道神田   共同住宅  3階建て 21世帯くらい
尾道栗原   共同住宅  3階建て 24世帯くらい


いずれも1000㎡くらいの大型木造   写真またアップします



そんな大きな物を建ててみたいとは思うが現体制ではなかなか厳しい












2013年9月18日 (水)

表札2

今日はカシュー漆塗り


Dsc_0003_2






赤・黒・白・黄の4色使っての漆塗り



小さな1缶980円もする


高い物につくがこれを塗れば半永久的


明日は仕上げ


本日は30分



外は秋晴れのいい天気



気温も日中は高いものの朝晩はめっきり寒くなる



なんだか気分まで寒くなる



明日は中秋の名月


ますますもの悲しくなるのは私だけなんだろうか?






2013年9月17日 (火)

表札

暑い毎日から急にまたまた寒くなった


今朝の御調の気温  11℃


すぐにブログに 「恐ろしい寒さ」   なんて表現が出てくる


もうちょっとないかいい気候はないんかいね


体もなんかバテバテ    長期休養でも頂きたいですね




そんななか  今日は表札に挑戦


相手は材木の大御所  肥松


Dsc_0089

彫りやすそうに見えてなかなか手強い


机も例の肥松


しかしながらこの表札の方がよく肥えている


20130917_130419001_

荒彫り段階


20130917_174410002_


彫り完了


これだけ彫るのに4回研いだ刀もある

この刀は私が能面の時使用している刀


4時間もかかってしまった


明日は文字に カシュー漆をいれる



黒はありきたりなので4色で作ってみよう

いい表札になればいいが











2013年9月16日 (月)

安物

新潟研修での中日の日曜日


車でも借りて草津か越後湯沢の温泉にでも


と思いニコレンに電話するも車がない


風邪気味だし一日ホテル暮らしと行こうか?



ところがホテルにLANはないし・・・


ホテルからジョウシン電機・k&s電気の看板が見えたので何かいい物でもないかと尾道あたりにない電気屋を散策


行く途中には多くのモデルハウスがあった


経費で落とすことは出来ないけどモデルハウス見学



20130901_110529064_


30坪ポッキリ880万円


しかもすべてコミコミ


なるほどいい価格ですね!


中を見学させて頂く    ワシは建築屋じゃ   と言ったら通じなかった



外国はことばが通じない





次に訪れたのはここ



20130901_110244063__2



坪単価では 218,000  これもなんで?と聞いても的確な答えが返ってくる


本当に安いのはいいが後からたいへんな金額になってしまう


私はそれを見抜けん建築屋ではない


結局なんぼなん? と聞いても言葉は通じん




やはり38~9万ほどになるようだ


安い家はなかなかない    と思いきや本間にこれで出来るん



と言うのもあった   これをつかまされたら大変なことになりそう


そんな業者もあった



ここらあたりはコメリの本場



ものすごいでっかいコメリがあった


道路隔てて広大な土地


尾道のユーホーの10倍はある


中に本屋・100円ショップもある



増改専門の建物もあったので入ってみたがこれで売れるんか?というような感じ


しかし業者の車も何台かあったので仕事はかなりあるようだ





 

2013年9月15日 (日)

古民家

再々よく掲載させて頂いている「古民家」


今日も技能講習の2級の図面を描きながら予てよりテーブル作成の依頼があった


神石高原町のお家を訪問



大きな松の原木を数十年前に製材した板の加工


和室の座卓にとのこと



お伺いした家は古くて立派な物




20130915_143334001_

梁を京呂組にして長い下屋根の軒を支えている

この組み方は初めて見たが なるほど とうならせる

場所が神石高原町なので岡山 吹屋「ベンガラの里」の近く

そこのベンガラに間違いはないと思うが

    立派な赤を醸している


20130915_143346002_

玄関の厚鴨居というか梁?

   いい彫刻してありました



角の梁が飛び出してますが この梁は甲梁と私はいってます

上写真の梁とは趣は違いますし働きも違います




20130915_143444003_


20130915_143457005_


20130915_143619007_


いい梁組ですね!

こんな組み方すれば大スパンも可能でしょう


しかし構造計算どうする


この梁のかけ方わからん奴には構造計算で来っこない
   こんなこと言ったら 植松電気さんにしかられそう


でも実際そうなんだ



も一つこんなことも言われそう


こんな建物作らんから必要ない!!


   なんて・・・   



そうなん?   こんな建物増改築しない人なら必要ないかもしれんが


    これから5年後はこんな建物の増改いっぱいでてくるよ!


  その時になってどうしようと行ってもどうもなりませんよ


昨夕も三次の建築屋さんと夜遅くまでお話しましたが

  今になってよくわかる!   職人さんがいないんよ!

  田舎でもこの傾向は多い


    

    若手の大工さん

    どのようにして柱を抜くのかもわからない

    抜いたはいいが新たに作り替えようと思うと出来ない

    どうしたらいいん?  と聞く相手も居ない



    これじゃ 改装も出来ない


    今の若者 こんな建物見たら ビビる



        しっこちびらせて 泣くよ !



加重がかかる柱には20屯近くかかる物もある


瓦だけでない、土も一緒に葺いてある


見栄だけの棟も10段積みなんてざら



国も早く 木造専門の学校作らなくちゃ


しかし先生が居ない


わけのわからんこと言う教授の先生はたくさん居るが・・・




行政もわかっちゃ居ないだからガチガチの家を建ててしまう

    木造はある程度は柔でなければならないと思う

    またサイディング工業界は早くなくしてほしい
       おんぼろ家になってしまう




2013年9月14日 (土)

コースター

Dsc_0085

今日も工房で忙しくてやっています

先程弊社大工 神原の講習が終わり(技能競技大会参加のための下準備)少しの時間を利用して


先日入荷した 桜の変木を加工してコースターを作ってみた

ホンマモンはいいですね!


昨日のは弊社中国人 リュウ が加工しましたが本日のは私の作  1枚しか作りませんでしたが

原木を切断しての作成  いいものは色つやもいいですね!


Dsc_0088


ホンマモンの桜   山桜の原木です

秋田かどこかの張り物の茶筒のよなものではありません

とにかくホンマモンです

見学会のご来場者様への粗品にでも・・・・


※コースターの下の木は 殺菌効果のある 「もみの木」 です


原木の後ろの板は 「栃の木」 です


2013年9月13日 (金)

ぶらり見て歩き

工房のすぐ近く  三原市八幡  八幡八幡宮で



御調八幡宮と三原市の文化財展という看板を発見


「秘宝」公開   なんてくすぐられるような看板を発見



是非にとも拝見と訪れる


20130912_114647111_

大変に貴重な物らしいが私にはよく理解はできなかった


狛犬と獅子が云々  私には狛犬と獅子は区別が出来なかった


阿吽:

阿吽(あうん、Skt:A - hum)は仏教呪文真言)の1つ。悉曇文字(梵字)において、阿は口を開いて最初に出す音、吽は口を閉じて出す最後の音であり、そこから、それぞれ宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされた。

また、宇宙のほかにも、前者を真実や求道心に、後者を智慧涅槃にたとえる場合もある。

次いで、対となる物を表す用語としても使用された。特に狛犬仁王沖縄シーサーなど、一対で存在する宗教的な像のモチーフとされた。口が開いている方を阿形(あぎょう)、閉じている方を吽形(うんぎょう)と言う。

転じて、2人の人物が呼吸まで合わせるように共に行動しているさまを阿吽の呼吸阿吽の仲などと呼ぶ。

現物写真撮れないのでネットで


De24aae2


なんで写真撮れないのかわからない


三原リージョンでまだまだイベントありそう


20130912_174928113_


20130912_174901112_




29日には三原市の寺社建築と題して広大 三浦教授の講演があるそうだ


出来れば聞きに行きたい



※バックに写ってる木は地松の肥松  いいですね!

    アッと驚く㎥  150万円くらい  いい価格ですね!





2013年9月12日 (木)

いいもの見ました

オール改装の現場 見積もり下見に行ってきました


いい梁使ってました



Dsc_0111


わかる人にはわかるじゃろうが・・・・


「うし」「力桁」「大梁」  聞いたこともない言葉・・・   なんて言われそうだが


プロにはわかる



これを梁見せにする


なかなか出来ないでしょう

出来ないことをやるのがプロ


素人大工には決して出来ない


架構がわかってないからです

下手すると大失敗する



久しぶりのわかっているプロ大工   しかしながら遠い昔の仕事





いいですね!


Dsc_0114


改装予定のお家のドア 


みる人が見ればわかる!


上部ドアの小口に四角な穴が空いている




これがいいところなんです


何故?   ヒワリにくいんです


またの機会に回答いたします



わかればコメントください




※プロと言ってるのは私のことじゃないんですよ!

私が含まれるときもありますがそうでない場合もあります

わからんかったら建築する資格ないと思ってください

絶えず勉強、絶えず挑戦、絶えず熱意を持って当たる


忘れないでください!



そうすることでいいお家が建てれます









2013年9月11日 (水)

在庫処分

弊社倉庫の在庫処分が昨日行われた


片付け要請が私にも来たがどうしても協力できなかった


どうしても倉庫を整理しなくてはいけないのなら致し方ないが・・・


私にとってはすべてが懐かしいしあの時のあまりなんだ



   なんて昔をしのぶに   如何にしても・・・



きれいに片付いてはいたが一抹のさみしさは残る


今度は返品の収蔵庫か



昔のものは骨董品でない限りすべて処分なんか?


浄化槽のかさ上げにしても買えば1万円が近い


でないからと言って        何かに利用しようとも思わない


浄化槽のかさ上げは植木の鉢に利用したりしている

     現に事務所前の椿の鉢はそれを利用している


そんな古いものの利用の仕方もわからない

      それでは決してリフォーム工事なんて  出来ない


      こんなことを言うとすぐさま反発されそうだが価格ではどうなんか?

      


      在庫の倉庫料はどうなんか?なんて話になる



      ばかばかしいんで現場からは持ち帰らん  となる



    10必要であれば15くらい頼んで残り5は捨てればいいや


    これなら在庫の倉庫料もいらんし




これでいいんだろうか?


私はいけないと思うが・・・





   

2013年9月10日 (火)

工房入荷 2013・09・10

大量の資材入荷  引き取り


フリー板  パイン25mm約400枚

杉フェンス用板 2バンド

羽目板 2バンド

ケヤキ テーブル用 10枚

桜 台 3枚

ヒマラヤスギ 950*4000*100大型テーブル

御影石 黒・赤・白黒 1800*900  9枚

桐 800*800 9mm 15mm  約600枚

ケヤキ木端  2㎥

ヒノキ大黒柱 6寸~8寸  8本

変木 杉、ムロ、山桜 5本

Dsc_0106


Dsc_0105


Dsc_0104


Dsc_0103


Dsc_0100


Dsc_0099


Dsc_0098

2013年9月 9日 (月)

技能講習

P9020010

競技参加者もいろいろ悩み、差し金を振りながらの勉強


当然質問も出てくる



私もすぐさまこうなんだと説明する域に達してないのも事実である


自分自身まだまだ勉強足りないなと痛感する


今は四方転びに夢中!


上の写真のような五角形振れ隅木に挑戦してみたい


その他 技能オリンピック、技能グランプリ課題作品




P9020011


P9020012


P9020019


2013年9月 8日 (日)

東京オリンピック招致決定

あまりオリンピックには関心がなかったが今日は感動を受けた


オールナイトでTV観戦


やはり決定の瞬間は涙が出る



多くの感動を得ることができた



一つには感動を与えるプレゼン

   これは人を動かすにはどんなことが必要か?


   そんなプレゼン  やはり学んでおく必要がある


   なんにでも通用する→感動(CD)を与える営業  感動を与えるものづくり etc


   すべてに通用する



      下手なマニアルなんかよりははるかにいいモデルである


          こんなことになるなんて分からなかったのでビデオには撮ってなかった 残念



滝川クリステルさん


  美人で八頭身、おまけにバイリンガル


   フランス生まれの日本国籍   35歳の AB型 私と同じがいい

        めんどいかも?



   そんな彼女から 私がよく言う 「おもてなし」  が出た


   このおもてなしは社長時代には しつこい ほど言っていた


   お客様をもてなす!  それがわからないとお客様に挨拶しろ! 大きな声で!

         なんて指導してもできっこない
         ラーメン屋でないんで 大きな声で一斉に「いらしゃいませ」!!
           これはいかがか ?   3000万の家を売るにしては品がない
           品格をつけようと毎日毎日社長がお手本見せないと   と努力していた

                        お客様との営業時にはモデルの玄関に打ち水をしてお客様をお待ちした

           わかるお客様は「いつもおもてなしありがとうございます」と言われる

              そんなお客様はパーフェクトに工事決まる

              わかってくださるお客様は多くいたはず  

              また多くのお客様のお家を手掛けることができた



このおもてなしがわかってる会社は必ず伸びているしいいお客様が集まる


身近なところでは LEXUS ここがそうだ

    弊社社員数名研修させていただいたがここは立派

    福山にできた当初からのお付き合いだが

     最初は「高いばっかしじゃけん」なんて不満を言われいたが
     

     だんだんに浸透してきた  いまでは多くのお客様がリピート客

        それだけ日本人はおもてなしに関しては重要視している

        また私は おもてなし=気配りができるようになる

        そのうちお客様がお客様を連れてくるようになる


ここでちょと考えなければならないのは昨日の 教授との対談の中でも話したが

   いいものを作らないといくらおもてなししても見せかけと思われる

   こうなると最悪の道をたどるようになる


社員全員で立派なおもてなしをし 立派なお家を提供し ずっと家守りをしていけばいい会社になれる

この仕組みを全社員が共有すればいいのだ

2013年9月 7日 (土)

スローライフ 能面

 スローライフ 能面   習い始めて半年がたってしまった



続けての申し込みを本日行った


また能面もほぼ完成



まずまずの 出来栄えとなっている



Dsc_0095

  チョットぼけてます


左は先生の小面   右は私のです


まだ完成ではありませんがほぼ完了



ほんまもん工房に飾っておきます(もうちょっと先)



本当に半年かけて仕上げたこと初めてです



どんなに大きな建物も半年はかかってない



人生で一番長くかかったものづくりです







チョットぼけてます


2013年9月 6日 (金)

JBN 安藤東大名誉教授等との対談

広島での有名教授等との対談

3時間があっという間に済んでしまった


社長からは恥になるようなせんといてくれ  とのことで少々自重

しかしながら 1時間は我慢できない


日刊工業新聞取材にきてたんで公表されるとは思うが色々気になることは言わせていただいた


ついでにプレスリリース

工房に寄せていただくとの内諾


又広大 平野教授、芝浦工大  藤澤名誉教授とはさらに旧交をふかめた

平野教授にいたっては尾道に是非遊びに行く!!!

     
             ってことになった


Dsc_0094


Dsc_0075

Dsc_0080


2013年9月 5日 (木)

資料集め

なかなか整理が出来ないなか明日は  


東京大学名誉教授 安藤直人氏   芝浦工業大学 藤沢氏  との対談に参加予定

なかなか下準備が出来ない

安藤氏は自然流住宅などの顧問


また農学部の顧問をなさってるので国産材のテーマになるんだろうか

植林も手がけた先生だからこれからの植林に関してディスカッションになるかーーーー


明日が楽しみだが下準備が大変


2013年9月 4日 (水)

反動

新潟から帰ると激務が待っていた

5日もいるとどうしようもない

夜も遅くなってしまった

新潟の写真整理も出来ず

すぐさま9日は新潟いけなかった大工さんに広島での講習がまっている

新潟での勉強もまとめなくては


2013年9月 3日 (火)

新潟 5日目

ただいま帰還いたしました


たいへんな強行軍


3時まで図面との戦い


30分先生より総括



そのご新潟燕三条  上越新幹線 東海道新幹線  山陽新幹線  新尾道駅に



今日はそうそうたる→世界に名だたる大工との面談  また日本一のご教授して頂く先生

若い大工がいい    とりわけ第一陣とは違った雰囲気   なんかオーラを感じる


挨拶は断然   こえは大きいし今まで山坂上ってきた奴ら     いいね !



20130903_151033008_


このニッカをはいて 三重県 愛媛県からきた頑張り屋


忙しいときには 寝なくても仕事をする


勉強しなければならないときには会社を3週間も休んで勉強する


私もまあまあの指金術(規矩術)それを上回る頭の回転


若いっていいね   こんな学校があるんなら大工時代に行ってたかもしれない


新潟の職業訓練校  ちょうど燕三条が刃物で有名な町だからかもしれない


全国から指導者も参加しての広島県大会の前哨戦とでも言うんだろうか

中にはもうちょっと教えてほしいなんて・・・・

  加度商に連れて帰りたいような連中だ



20130903_135519006_


20130903_082209001_


私も連中に負けじと指金を振る



私も立派な指導者の一員になれれば・・・・    頭がついていくか  ?  と言われそう



ここで一言     技能オリンピックには23才まで

オリンピックの前哨戦が技能グランプリ


技能グランプリの前哨戦が11月に広島で行われる技能競技会・・・・・・・



若くないとでれない    残念            




どんな課題が出るのか    またの機会にお知らせ










2013年9月 2日 (月)

新潟 4日目

今日は第2次の大工研修



ホテルにいてもやることはいっぱい


そんな中で1日目と一緒


午後からの講習



P9020001


今日も約30名の参加


金曜日と同じ    しかしながらチョットだけ違う



P9020002


P9020003


こんな ニッカ をはいてきたやつがいた



おいおいと思ったが信じられないことに懇親会で彼は凄腕の兄ちゃんだった



三重県出身  そこそこの競技大会に参加 1級技能士 1級建築大工 増改築相談員

      職業訓練指導員   ・・・・   そうそうたる経歴


かの有名な技能グランプリの今年の第2位   本当にスゲー        



その第2位は知らなかったんだが

こんなことで大騒ぎ


20130902_86


何とも言えないくらい私とよく合う


広島での競技会でまたぜひ一杯やろうと約束


大変な大物と会った


また技能グランプリ 会社 3週間休んでまで競技に取り組んだとのこと


ますます 惚れる奴


名刺はこれ   さすが大工    今は 忙しくなって・・・



でもさすが大工の名刺   パウチまでしてあった



20130902_87


裏もスゲー


20130902_88


いう人は好きに言うかもしれんが  まさに ものづくりヤロー の名刺




本当かと思ってホテルで調べてみると

http://www.higashiaichi.co.jp/news/news_syakai/130227/13022701.html

東愛知新聞にのっとる 



神さんじゃ















      

2013年9月 1日 (日)

新潟 3日目

新潟3日目  日曜日なので今日はお休み


弥彦神社に・・  なんて話もあったがやらねばならないこともたくさん


ホテルにこもって   ってなことになって一日こもりきり!!



なので昨日の地場産のことを掲載


Dsc_0077






今日のニュースで地元だけではなかなかということで東南アジアに出店らしい


地場産業も大変   地場の企業は今日のNHK討論会では

イクメンの話もかなり活発に

女性の育休3年に ?? とか


こんなことやってたら 給料どんどん下がってくる

    そうしないとやっていけないことわかるはず


  また野郎の育休 ?   今はほとんどないが阿部首相ともどもこの分野にも多くの補助金を出すとのこと


補助金はいい家を建てた時だけでいい  !!


そうしないとどこから銭出す?


消費税は福祉に充てるとかでしょ ?
 

東南アジアの男性の給料 日本の1/10でしょう

   グローバルに競争できますか?

   日本に人間自由に入国できるようになったら日本人雇う者いなくなるんじゃないですか?


だからなんで勝つか?

    残るはものづくりの技術なんです



技術無い物生きていけませんよ!



★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★


昨日facebookでラーメン食ってるよ

   なんてUPすると味は?なんて



Dsc_0078

有名なラーメン屋らしいが「ラーメン勝」(まさる)というなりもんらしいが・・

塩分チョット多い  生玉ねぎの みじん切り が

    え~  と思ったが食えないことはない


麺は今まで食ったことのない麺   

    ここらあたりの有名な稲庭うどんと全く同じ


稲庭うどん のだしが 醤油ラーメンのだしと思ってもいい


食えんことはない   うまくてどうにもならん ってこともない


まずまず



昨日の刃物の追加


Dsc_0074

これってわかりますか?





Dsc_0075


この写真見ると分かったでしょう ?


これは 火箸に五徳



これもわからんか ・・・    化石人間にしかわからんだろうな ~



火鉢 といってもわからんか・・・


上は火鉢や囲炉裏のはいをきれいに均すもの

五徳はやかんをかけてお湯を沸かすための道具


どう説明していいかわからん   












« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

最近のトラックバック

カテゴリー

  • 住まい・インテリア
  • 日記・コラム・つぶやき

最近のコメント

2022年2月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          
フォト
無料ブログはココログ