« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月31日 (木)

望遠レンズ

工房からのイチョウの撮影にはちょっと遠い


望遠がほしいな



そんな思いで30年程前子供の運動会を撮影するために一眼レフを買ったのを思い出し


家中探しまくり



やっとのことで見つけ出してみたものの30年前となるとレンズの中が曇ってしまっていた


当時VHSのビデオが大流行だったが私はビデオと聞いたとたんに買っていた


多くの人がビデオといってたときには次の一眼レフに走っていた


これも一かじりはしたもちろん望遠レンズも買った


金額は覚えてないが300mm 今では20万が近い



イチョウを写すために20万は?エイなおしてみようと昨晩からレンズの構造をインターネットで勉強


道具はそろっている   特殊道具はいくばくかは必要



時計の修理道具は持っている




いざ着工



Dsc_0098

Dsc_0097

レンズは8枚ある

さすがに勉強した甲斐があった    1時間掛からなかった




見事修理完了


Dsc_0099


もの作りはこんなところにも役立つ

技術と道具は必要



これでイチョウとさらに遠くの欅を撮ってみた



Img_1026

約400m先のイチョウ


今日のイチョウは昨日工房に行かなかったので2日目  ちょっと黄味が増したか



Img_1025

5~600m先の神社の大ケヤキはほんのりと茶色に染まっている

さすがは望遠レンズ   曇りなので多少はかすんでる





Img_1024


工房事務所窓からイチョウを望む


季節感が味わえていい !




望遠レンズの解体修理

30年ほど前のものが使えるようになった

オートフォーカスも使える


マウント型の出始めが今でも使えるカメラはすごい




















2013年10月30日 (水)

木育   もくいく

木育と書いて「もくいく」と読ませる


Dsc_0110



なかなかやりますね!  と思ってみていると府中市とのこと


今日の広島テレビ「テレビ派」



親子で山に木を切りに行って学習机を作り上げるとのこと


NPO法人「府中ノアンテナ」いい企画ですね



こうして木を学ぶ   なるほど


今の建築屋なかなか   木を教えても植林を教えてないからどこに「なってるか」わからない


まさかフリー版のまま出来ると思ってるんじゃなかろうか



皮がついてることすら??


しかしレポートの女性記者府中家具屋の出身とか


   親の工場見たことないとか   なんじゃい     




もっとひどい!!!



Dsc_0099


Dsc_0101


Dsc_0102


Dsc_0104


Dsc_0105


Dsc_0107



こんな活動もいいですね!


植林したいと思ってたが何時のことになるやら











何ちゅーこちゃ

ポリープ切除のため  3泊4日と言うことで覚悟の入院とおもいきや

今検査して余りにも早く終了したんでどうしたん?ときいてみると悪いとこなかったとのこと

去年の診断で3mmのポリープ2カ所残していたのに・・・・

入院もしなくていいし費用も少なくて済む

しかし保険はいただけないのでおなじこと


ともはあれよかったので一安心


これから一杯やります

まずはご報告

2013年10月29日 (火)

黒豆


昨日の4℃の証拠写真掲載してませんでした


本当に?なんて聞かれる



朝は寒かったが日中はぐんぐん上がった寒暖差20℃近い



Dsc_0095

間違いなしの4℃




そんな時期に美味しい「黒豆枝豆」??を頂いた


これはうまい      


Dsc_0092

Dsc_0093


Dsc_0094


即むしって 茹でる




写真ではそうでもないが豆が大きい新聞の字、どんぶりの大きさからすれば夏前の

通常の枝豆の倍近いボリュウム


この時期でしか食えない


また収穫出来る時期はこの時期一週間前後


ちょっと遅れると黒みが入ってくる


そうなると旨い味もおしまいになる


そうして枯らすまでホッておくと正月の黒豆になる



本当に絶品




ちょっとPCで調べてみる

     http://www.tambagumi.com/user/bureau/eat/gifuto/edamame/





通販?   ちなみに6本頂きました   買えば数千円



旨いはず




《今日のイチョウ》

S20131029_132807

太陽のせいか昨日より幾分黄味がかかったか



お知らせ  大腸ポリープ切除のため明日から入院します     



















2013年10月28日 (月)

今日は寒かった



あさ御調 畑の坂  4℃  でした


だんだん寒くなります


極寒の地ですからこの冬も乗り切れれば・・・・





そんな中 工房事務所から大きなイチョウの木が見えます

S20131028_112303


ちょっと遠くに見えますがちょうど正面


ちょっと黄色に染まりましたか?



きれいな黄色になるにはも少し掛かりそう



去年のイチョウはあまりにもあっけなかったので今年は事務所前のイチョウの

     ライブ中継といたします



紅葉のバロメーターとしてください








2013年10月27日 (日)

工房の道具


昨日の「ひよどり栓」


本当に難しい たかが木に木が入るだけ


20131027_1853310005


斜めの親材に45度で栓が水平に入るだけ



これが何故難しい?    普通に考えれば長方形の木に長方形の栓が入るので


ほぞ穴も長方形と普通考える



しかしながら違うんです



20131027_1852510006

ごらんのように ひし形なんです


20131027_1852400007


不思議ですね



20131027_1853400003


真上から見た形親材は3寸5分で右に傾いています

   栓は45度で親に水平に刺さってます


20131027_1853490001

おもしろいですね~

たったこれだけのものJWで描ける人いますか?


たったこれだけを挑戦してみてください


描けるものなら描いて見て   



現物明日まで工房にあります




それからは競技会の練習見本としてどこかに行きます







道具のことが「ひよどり栓」になりました















2013年10月26日 (土)

ひよどり栓

多くのお方は聞いたことはないだろう



わかる建築屋は少ない

Images



赤い部分で木と木の結合に使用する


またグリーンのざいもそうである


これを入れたら木が抜けることはない



こんな仕事をすればいい



家って大事なのは何?


デザイン?   これも必要だが欠くべからざるものではない



まずは基礎   これに失敗すると最悪



   だめな業者は填圧(私はあえてこの字を使う よく使うのに「転」の字があるがこれは使わない)しない  綺麗さばかり言う建築屋は綺麗に仕上がればいいと言う


私は凸凹になっても表土がつるつるになるくらい填圧させる


これさえしとけば強度には問題ない(杭についてもいろいろ考え方はある)


填圧の次は高さ   雨が降れば水のたまるような基礎は如何と思われる

ベタ基礎のベースが地盤面より低い・・・・なんてことはあり得ないこと

また近隣の水害事例等も調べなければならない


そんなことをしてキッチリした基礎をすること





次に構造   これが出来てなければ床鳴り、たわみ・・・  塗り壁の割れが生じてくる

強度は大切であるがむやみやたらに大きな構造材使用は帰って悪い

先程の ひよどり栓 私はどんな金物より強いと確信しているがこれを使っても金物検査合格しない   大変に残念な法律である   


そんな大事な構造の一部


ひよどり栓に挑戦してみた


Dsc_0127


Dsc_0120


Dsc_0135



わかりやすい写真がないのが残念だが・・・

またの機会にアップし解説いたします




   

2013年10月24日 (木)

こんなことも出来る    大皿

工房での道具充実のため道具、ジグの勉強



そんな今日は大皿作り

Dsc_0006

木工旋盤に大型チャックを取り付け




Dsc_0007







チャックで挟むとこのような状態



直径200mmのお皿作り



Dsc_0009


バイトで削り上げていく


約2時間掛かる   いいバイトで30分くらいで完成させなくては


まだまだ技術不足?

仕事終わっての余興





Dsc_0013



仕上げは非常に高価な天然ワックス「匠の艶出し」


いろんなワックスを試してみなければならない


もちろんどれも自然素材



最後は焼印   Kobo-K


Dsc_0017

ちょっと濃すぎかな?


完成品

Dsc_0015

Dsc_0016


Dsc_0018




よくできました   



材料   楠木  宮島の鳥居の切れ端   よく乾燥してます



         樟脳の原料となる木です   加工中はすごいにおいです

           私はいい匂いなんですがいやな人も居ます







PM8:00過ぎました  












2013年10月23日 (水)

今日も奮闘


弊社大工さん 神原・松井両君   大工技能競技会に向けての猛特訓



今日は雨のため午後からの特訓


8:00までの教授となった


Dsc_0058


11月13日・14日の2日間広島のプリンスホテルで開かれる競技会に向け頑張っている



まだも少し時間があるんで何とか加度商で賞でもとってほしいものだ


できるものなら大臣賞   



しかしながら長時間の競技


トライアスロン並みの体力が必要


また時間もいくらかかっても・・・・・そんな競技ではない



マッ   それは日ごろの仕事も同じではあるが  何事も時間の勝負となる



頑張ってほしいものだ



また教えがいもある




いい大工に成長してほしい






いい大工  ???     いい大工とはこうなんだ!  の説明は後日






毎夜遅くまでの工房疲れます~~









2013年10月21日 (月)

猛特訓

忙しい毎日をさらなる追い打ち



技能競技会に弊社から「神原」「松井」の二名参加するのは以前にも掲載させて頂いたが

最後の追い込みに入ってきた


昨日は図面計画について最終の補正


これをコンピューターで




Dsc_0055

なかなかやりますね~

なかなかコンピューターでは書けないのが四方転び


それをうまくやっていた


ちょっと違ったところあったがまずまず



今日は実技の教授最終日


Dsc_0054


Dsc_0051


足が出来たらしめたもの


あと少し


昨晩・今晩と夜遅くなってしまった


いい成績を残してほしい









2013年10月19日 (土)

能舞台

昨日は能の鑑賞をテアトルセルネで鑑賞させていただいた


題目は「羽衣」


Photo


Img_458534_19996374_5



まったく何をしてるのかわからなかった


そんな話を能面の師匠に話すと

どんな話かしっかり勉強していかないとわかりませんよ


なんて



本当にまったくわからなかった

おおくの人が来場されてたが何人がわかってるのか?


やはり物事P(プラン=計画)が大事ですね


まったくの勉強不足でした




そんな中で能面師は舞台によっても声が通るように口の大きさ、鼻の大きさ等も考えて作るのだ とのこと


やはり奥が深い



面によって声の響きさえ違う、だから大きな舞台 小さな舞台で面を変える


なかなかのもの見習うところ大である



昨日、今日といい勉強をさせていただいた







2013年10月18日 (金)

治具


何度か治具については掲載させていただいているが


今回アメリカ製のアラレ治具を購入した

Dsc_0036_2


DIYのメッカであるアメリカにもいろんな機械がある


ほしいもの一杯ああるんで大変なことになりそう



しかしながら機械がなければ仕事ができないというより私の場合機械があるから仕事ができると考えている


道具っていうのは本当に大切であるし必要欠くべからざるものである



これでこんなものができる


Dsc_0037


Dsc_0040

見えにくいかもしれないが上部右側にアラレが・・・


Dsc_0042



新しい中国人とのもひとつのテーマ=建具つくり


これもものづくりの一環


リュウとは造作家具

チンとは建具   このように計画はしているが・・・・







一方本日で家守が私の中からなくなった?   やらなくてもよくなった?


家守の後継者に託すことになった



40年の長きにわたりアフターサービスをしてきたがここにいたって引き継ぐことができた



多くのお方に漬物を配って回ったがこれも仕舞いとなると一抹の寂しさはあるものの
   時代についていけない年寄りが悲しくなるほうがやるせない



お世話になった多くのお方にありがとうございました




こんなことを掲載すると中国人はどうする?  なんてもコメントいただく前に



先程書いた建具の引継ぎがまだ残っている



これをやればほぼ私の仕事はお仕舞いとなる




早くにマスターして次の中国人に引き継げるようになってくれれば


そうなると中国人まだまだ雇えばいいし、できなければチン君でお仕舞いかも?

















2013年10月17日 (木)

ベランダ改修

ベランダの改修を依頼されたが・・・・



こんなことになっていた

Dsc_0001

105*210の梁がこの状態かろうじてつながっているだけ

よく持ってたもんだ

一瞬のうち解体できる


大きな怪我なくてよかったがちょっと間違えると大変なこと


これだけ雨漏れって大変なことになる


今の建て物部屋内に水がなかなか入ってこない状態


何度もブログに書かせていただいているがサイディング工業会と利権を持った教授たちが透湿防水シートなるものを義務づけてしまった

そのため中に水がなかなか入ってこない


壁の中で止まってしまってこのような状態になってしまう

かびたり匂いが出だして初めて漏水に気づく

そのときには甚大な被害をあちらこちらに及ぼしてしまう



昔のように雨漏れしたらすぐに部屋に出てくるとすぐにわかるが・・・・



今の建て物こんなになってるのが多いと推測される



Dsc_0002

こわいですね


追  上に弊社社員が上がってるが命綱など安全には万全を期しての決死の挑戦


無事解体して新しいベランダとなる



危険!!!








2013年10月16日 (水)

木スプーン

Dsc_0044_4

いいのができました


まだ最終仕上げではないんですがもっときれいにはなります


蜜蝋仕上げでいこうかと・・・


孫 まだ2歳にならないんでものすごく握りやすいように設計しました


アレルギーにはまったく無縁のピュアーな商品です


もちろん金属アレルギーもありません


材料 縞黒檀 比重1.6   ステンレススプーンよりは重たい


水に入れると底まで一気に沈む



しかし握り手でこうも違うのかと思えるほど軽く感じる


もちろん比重が大きいと水には強い   もちろん建築屋であればわかる





2013年10月15日 (火)

鍋敷き

工房ではやはり物作り   此が原点になる


当たり前のことだが建築の仕事も物作り



営業も大事であるが安くてお値打ちないい建物を作れば自然と売れる



しかしながら売れるためには仕組みが必要



仕組み?  って??



これがミソなんだ


一口に言えばいい物を作れば売れるのか?



そうではない     お客様にお値打ち感=お得感がないと絶対にだめ



この感覚ってなかなか難しい



今の建築屋=ブローカー    って?   工事能力がない!!


これから絶対この能力がないとだめなんです



昔の建築工法が云々   そこまで出来ればいいが・・・



それよりももっと大切なのは    も の 作 り   



棚一つ吊れない建築屋ってあり得ない



こんな物作りが出来ない建築屋の中に ハウスメーカー と言うものがいる



道具すら会社にない



あまりケチを付けてると反対に嫌われる




ちょっとでもものづくりしてるよとアピールするのに工房では鍋敷き・コースター


   を作成している


これだって大変なんです


素人ではなかなか作れませんよ



20131010_1600290014_

でっかいのが「むろ」って言う木

外枠の白いのが「桧」

茶褐色のが「さくら」


すべてオイル仕上げです



原木はこれです

20131010_1320470007_

これをスライスして削って磨きます


ムロって綺麗な木です


木を切るだけでも大変です



20131010_1320140005_


削り前、オイル塗り前

工房では毎日いろんなもの作りを行っています



昨日はスプーンを孫のためにつくりました


工房においてきたので写真ありませんがまたアップしておきます   

ものづくりには人一倍工房では努力しています









2013年10月14日 (月)

昨日の続き

昨日肝心なテーブルのこと書くの忘れてました   コメントありがとうございました



ただいまこんなになっています



20131011_1841480010_


今裏側の仕上げです



20131011_1829200007_


私の座右の銘





20131011_1828490006_

お客様のご依頼で銘を入れさせて頂きました  達筆ではありませんが   







20131010_1509560010_


自然塗材は「えごま」   ごま油

ご家庭で栽培され精製されて健康のため毎日飲まれているとのこと


米は有機無農薬栽培をなされているやにお聞きしています


そんな自然を愛されているご家庭に自然のオイルで仕上げてみました






20131011_1831190009_


二瓶使ってしまいました


よく木になじみ ス~ となじんでいきました


今日は最終拭き仕上げで完成



エゴマ油もいいですね



サラッとしてます     オリーブオイルもいいですよ



木材オイルとして販売されてる何よりも自然から頂くピュアな贈り物はほんといいです



食べる・飲めるんですから





2013年10月13日 (日)

五葉の松

神石高原町のお方からの発注依頼テーブルほぼ完了


材料が五葉の松


五葉の松で有名なのが 京都宝泉院

Thcarshx40

Thcav5knbl


樹齢700年と言われてる大変に有名で天然記念物に指定されている





備後にある松・・・・・・備後松と言われるが・・・・・・建築屋では地松と言ってい

なんで「た」なんかと言えばほぼ松食い虫で絶滅


しかし工房にはまだかなりの数地松が残っている

先日掲載させて頂いた  表札   20130917_174410002_


表札の下のテーブルまだまだたくさん残っている


しかしながらマグロの値段と一緒はつらい

なかなか買い手はない

他地方の白太松はあるが・・・??



しかし松は昔から大木は多くはなかった



うちの山にはええ松が ようけあるけ~ なんて言われても 一山探しても

200年超える松は(200年超える松は肥えている)1~2本しかない


それだけ松の寿命は少ない



昔松枯れ病はよくあったのではないだろうか


だから松で建てた家は少ない   だから桧・杉になってるのかと推測される




しかし備後松は色も杢もいい   磨けばつやが出る  木は切っても生きてるんだと実感するのは松である

桧もいいがあまりにもおとなしい   綺麗すぎる


杢の変化も少ない  






何故五葉?    赤松は2枚    五葉の松は字の通り5枚(本)


Th_2


だから5本の葉っぱだから 五葉の松   よく盆栽では見ますね


私の実家にもあります    縁起がいいのでよく子供の誕生祝いなんかに記念樹として植えられました






















2013年10月12日 (土)

四方転び脚立出来ました

今年度の2級技能士課題が「四方転び」


早くに作っておこうと思ってみたものの時間がない



やっとの思いで完成



20131009_0800380002_

超簡単に見えるが なかなか出来ない


4本の足   断面平行四辺形


これがわかれば出来る大工さん


作ろうとなればなかなか難しい

何もかんも90°でないのが難しい


5時間くらいで出来るものいたらコメント入れてください


ご褒美差し上げます



中学の技術家庭科の時間にする脚立とはかなり違うが



工房にあるんでじっくり見てやってください




2013年10月11日 (金)

コスモス

昨日もそうだが季節がどうなってるのかわからない


御調の事務所エアコンのスイッチを入れている



ふと暦を見るに10月の中旬になっている



この間彼岸花が満開・・・なんて掲載させて頂いたと思ったらコスモスが満開



20131004_0732070003_


20131004_0732130004_


コスモスと言えば山口百恵


こんなイメージは私のような年寄りだけなんだろうか?



寒くなるのもどうでもいいが未だに暑いのは如何か





2013年10月 2日 (水)

中国人来日

ご無沙汰でした








本日中国人来日


非常におとなしい子で今日は終始上がりっぱなし



20131002_1420030001


20131002_1415410002

いずれも広島空港にて


これから日本で1カ月生活、日常会話勉強して


11月5日より配属となります



一線で活躍できることを期待いたします










« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

最近のトラックバック

カテゴリー

  • 住まい・インテリア
  • 日記・コラム・つぶやき

最近のコメント

2022年2月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          
フォト
無料ブログはココログ