« 久しぶりの晴れ | トップページ | 屋久杉のトレー »

2014年7月14日 (月)

1985 リノベ学校2014

早朝よりリノベ学校入校


1日中  18:00までの講義はくたびれました


今頃はあまり頭を使わないので余計にくたびれる



しかしこのての講習には講師となかなかうまが合わなくて困っていた



昔から野池先生は考えがあってたので真剣に聞くことが出来た



野池塾といって断熱、増改築においては名だたる人物である



20140714_132803


20140714_132812

20140714_132902



\4,800は痛いが価値がある



野池塾←クリック




どこらあたりがよく合うかというと


先生は職人はしてないのが私と違うところ


また専門のことをよく勉強している


略歴にもあるが 岡大の理学部


いまどきの学生と違って当時よく勉強されている



また現場大切主義も共感するところ


リノベーションはこうするべき・・・は私とほぼ一緒


しかし温熱計算等は今の私には苦痛である


3年近く計算から離れるとこうも違うのかと少々自信喪失


しかしながら時代は変わっていく



その変化は目に見えないスピード



そんな中でリフォームには2種類ある


部品交換型リフォーム & 本質改善型リフォーム



私たちが目指している本質改善型リフォーム   ここ当たりは全く考え方同じ



本質改善=暮らし向上型リフォーム


本当にこれをやらないとどうにもならなくなる



暮らし向上型リフォームとは


温熱環境・機能性向上など 日々の暮らしで実施できる内容の改善

構造性能向上・長寿命など 日々の暮らしでは実感しにくい内容の改善


これらをやっていくのが私たちが目指しているリフォーム=リノベーションである


まだまだやりましたが今日のところはここまで





« 久しぶりの晴れ | トップページ | 屋久杉のトレー »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1985 リノベ学校2014:

« 久しぶりの晴れ | トップページ | 屋久杉のトレー »

最近のトラックバック

カテゴリー

  • 住まい・インテリア
  • 日記・コラム・つぶやき

最近のコメント

2022年2月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          
フォト
無料ブログはココログ