« 岩おこし | トップページ | 桜 »

2015年2月19日 (木)

下請け時代

大工工事をやり始めた遠き昔の時代昭和47年頃を今非常に思い出す

ほんのやり始めの時から10年近くは下請けを多くしていた


そんなときのつらさを今無性に思い出す

仕事のしんどさはあまり感じることはなかった
   つらかったのはこうすれば使い勝手もいいしきれいに収まるんだが・・・・


なんて思うことは多々あった


又こんなことしてたら元請けさん潰れてしまうが・・・・

こんな工事してたら次のお客様はこなくなるが・・・


なんて思いながらやる仕事のつらさは 私に取って非常につらかった


絶対にいい家を造らなければならないと思ったのがこの時期であった

当時勝手に残り材料でニッチなんか作ってあげた


お客様には喜んでいただいたが元請けからは要らんことをしてからに!とおこられたものだ


久し振りにお会いしたお客様のところでは組子をガラス障子に組んであげた


こんなことしてた下請け時代多くを勉強させていただいた

だから今があるんかな

と思う

今はやりたいことがやれない下請け時代とよく似たことをしてるような感がある


こうすればと思いつつもなかなか出来ない組織に縛られているようだ

まあ年もとったことだし・・・・


« 岩おこし | トップページ | 桜 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 下請け時代:

« 岩おこし | トップページ | 桜 »

最近のトラックバック

カテゴリー

  • 住まい・インテリア
  • 日記・コラム・つぶやき

最近のコメント

2022年2月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          
フォト
無料ブログはココログ